黄金街

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (11)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176316

作品紹介・あらすじ

生きるとは巡り逢うこと。不器用で、孤独で、そこはかとない。でも、必ず寄り添う誰かがいる-「人情の名手」が綴る切なくも温かい珠玉の六篇。じんわりと心に響く、珠玉の短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東京の街並みが目に浮かぶ。
    大人のための静かに滲みる短編集。

    いつもながら
    三田完作品は映画を観ているような気分にさせられる。
    派手なエピソードも意外な展開もないけれど
    ただただ静かに感じていたい。そんな作品たち。

    落語好きにはたまらなかったのが「通夜噺」。
    『胡瓜揉み』はぜひ聴いてみたい。さて、どんな演者がいいだろう。
    そんな想像も楽しい一遍でした。

  • 6編の作品から構成されている。「昭和」という時代のもつ雰囲気のようなものを色濃く反映している作品集。ぼくは、北森鴻氏の『香菜里屋シリーズ』を連想した。

  • 少しばかり泣ける話しが6編.表題作に出てくる流しのジーザス、カラオケが出来る前の飲み屋街では必須のキャラでした.

  • べたっとはしていないけれど、さらっともしていない。ひねりやシニカルさ、ハードボイルドをもっと感じたい

  • 三田完先生(@hi_go_chisui)、有楽町三省堂書店(@yrakch_sanseido)さま、ありがとうございました。
    人生の悲哀とか、酸いやら甘いやらがぎゅっと詰まった小片たち。
    淡々としてるようで、深い。

  • それぞれの人生

  • 作者はNHK音楽担当プロデューサーだったとは知らなかった。
    音楽絡みの話が多い。
    のど自慢と流しの老人の話が良かった。
    鐘たたきの人って、それ専門なんだとは思わなかったなあ。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年埼玉県生まれ、小説家。慶應義塾大学文学部卒業。NHKに勤務、ディレクター、プロデューサーとして主に歌謡番組を担当。退職後、テレビ番組、音楽プロデュース等に携わる。2000年、「櫻川イワンの恋」で第80回オール讀物新人賞を受賞。『俳風三麗花』で第137回直木三十五賞候補。

「2018年 『鵺』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田完の作品

ツイートする
×