Yの悲劇 独裁者が支配する巨大新聞社に未来はあるか

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176347

作品紹介・あらすじ

紙面を駆使した「清武バッシング」報道、「取材」という名目の尾行や挑発、司法の力で私有の携帯電話まで開示させようとする異常。あの新聞社ではいま何が起こっているのか?誰よりも「Y」を知る2人が徹底討論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナベツネに更迭された村尾清一氏よみうり寸評最後のことば
    「人生という舞台では、千両役者がこじきになることもあれば、ダイコンが殿様になることもある。が、それぞれ役割を演じて、いつか去って行く。さて、満十八年間この欄を担当した筆者にも、ときがきた」
    前半は福沢諭吉翁のことば。

    ナベツネさんはジャーナリストではなく政治屋さんですな。

  • 元巨人代表の清武さんと、ノンフィクションライターの魚住昭さんの対談形式の書です。
    異色な二人かと思いましたが、全共闘世代、メディア出身者同士という共通点があり。
    清武さん巨人代表解任内幕の詳細が綴られているかと思いましたが、読売新聞の渡邉会長に関する話題がメインでした。読売新聞の未来を憂いております。

  • ついこの間だと思っていた『清武の乱』ももうそんな昔のことになるのか。時間が経つのは早いな…

    読売新聞がいかに渡邉さんの独裁下にあるかがエピソードとともに語られている。対立当事者の本なので、いくらかバイアスがかかってると思うが、それでもメディアとしては致命的な欠陥を抱えた会社だということがよく分かる。
    いずれその支配下からも脱する時期が来るが、その時どう変われるかな。

    #読書 #読書倶楽部 #読書記録
    #Yの悲劇
    #清武英利
    #魚住昭
    #渡邉恒雄 #読売新聞
    #清武の乱
    #2016年102冊目

  • 地元の図書館で読む。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

清武英利(きよたけ・ひでとし)
1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業後、75年に読売新聞社入社。青森支局を振り出しに、社会部記者として、警視庁、国税庁などを担当。中部本社(現中部支社)社会部長、東京本社編集委員、運動部長を経て、2004年8月より読売巨人軍球団代表兼編成本部長。11年11月、専務取締役球団代表兼GM・編成本部長・オーナー代行を解任され、係争に。現在はノンフィクション作家として活動。著書『しんがり 山一證券 最後の12人』(講談社+α文庫)で2014年度講談社ノンフィクション賞受賞。近著に『石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの』(講談社)、主な著書に『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』(講談社)、『奪われざるもの SONY「リストラ部屋」で見た夢』(講談社+α文庫)など

清武英利の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國重 惇史
横山 秀夫
ベン・ホロウィッ...
宮部 みゆき
落合博満
池井戸 潤
塩田 武士
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする