人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない

著者 :
  • 講談社
3.66
  • (87)
  • (172)
  • (146)
  • (35)
  • (7)
本棚登録 : 1150
レビュー : 171
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176415

作品紹介・あらすじ

ブクログ大賞【ジャンル5選 ビジネス書部門】にも選ばれた、
幻冬舎の見城社長とサイバーエージェントの藤田社長によるベストセラー
『憂鬱でなければ仕事じゃない』の新著が発売!

ビジネスだけにとどまらず、より日常の局面において、人としてまっとうに生きていく上で、
何が大切で何が無駄かを、見城社長による35の言葉を
藤田社長が紐解きながら読者に提示していきます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見城徹さんと藤田晋さんの共著第2弾です。前作に続き見城さんの言葉は、とても深く重みがあります。
    二人の社長のストイックさは真似できませんが、人生観は多いに役だちます。死ぬ瞬間にしか、結果がありません。プロセスを大切にします。

  • 考え方の異なる二人が1つのテーマについて書いてあり、刺激を受ける本です。やはり物事に対する厳しい態度が必要なことを再認識しました

  • 幻冬舎社長の見城氏は、命をかけて人生(仕事)を生ききっている熱い男です。こんなにも働くことに命がけの人がいるのか、とビビります。美しくもあります。
    ある意味、名言集。やる気芋度★★★星3つ!!

    熊本県立大学:キティコ

  • 身近にあることに気づいていながら、読まずに7年。
    他の見城氏の本を読んで、もっと見城氏の言葉に触れたくて読みました。
    すごい熱量。
    人に流されず、信念を持って貫くことは、書くほどに簡単なことではないと思う。
    それでも、「人生とは一日の集積である」。
    その通り。
    今日やるべきことをやりきる。
    仕事とは、人生。

  • 憂鬱でなければ仕事じゃない、と同じ様な流れで進められている。仕事に対する藤田、見城のストイックさを感じられて、やる気になれる。5/15

  • 幻冬舎社長見城氏とサイバーエージェント社長藤田氏の共著第二弾

    組織を率いる二人だけあってストイックな考えは随所に感じられました。
    あとトップに立つものとして奢らず、謙虚にという姿勢の大事さも同時に感じました。

    激しい変化の環境のなかで常に結果を求められる状況でどのような考えで対峙していくのかということが本書を読んでよくわかりました。
    二人の考えには刺激を受けましたが、両者ともに社会で成功を収めている秘訣が本書に何度か出てくる見城氏の圧倒的努力という言葉にある気がしました。
    藤田氏の読書の話にもあったようにまた何年か経って読んだ時に違った刺激を受けるのではとも感じました。

  • 一流な人は考え方とかが本当に意識高い。自分はまだまだだと思った。
    ビジネス書というより自分の啓発書として読んだし、読みやすかった。
    社会に出る前に自分がやるべきことはたくさんあると実感した。

  • 260409読了。
    ビジネスというよりは人生論。一般論として、二人ともうさんくさいイメージがあるが、本の内容はいたって大事なことが書いてある。
    心に留めて仕事したい。

  • 考えに考えて考え抜け
    大きな障壁を乗り越えるにはなみなみならぬ精神力が必要。集中は人から無駄をそぎ落とす、その時、人はもっとも美しい。
    ヒットしたものはすべて正しい。
    はまらなければ始まらない。
    努力している人とそうでない人は気が付かないうちに大きな差がつく。内容が稚拙でもブログを続けていくうちに洗練され、自分の言葉でいいkとおを書くようになる。立ち止まって考える時間を持つことは大切。
    努力を見ている人は必ずいる。その事実は努力が実ったときしかわからない。
    人からの評価にあまり気をもむべきではない。それはめぐり合わせぐらいに思っているのがちょうどいい。

  • ギャンブルしろとか、売れたものが正しいとか、耳触りのいいことを言わないあたりが好ましい。前作よりも人生論っぽくなっている。過激かな?そんなことはなくて、ほかの啓発本が優しすぎるのではないでしょうか。

全171件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

見城徹(けんじょう とおる)
1950年静岡県生まれ。株式会社幻冬舎代表取締役社長。慶應義塾大学法学部卒業後、廣済堂出版に編集者として入社し『公文式算数の秘密』でベストセラーに。
その後角川書店に転職、『野性時代』副編集長を経て、『月刊カドカワ』編集長。つかこうへい『蒲田行進曲』など多くの直木賞作家・ヒット作を手がけて41歳で取締役に昇進したが、1993年退社、そして幻冬舎設立。多くのヒット作を生み出した。
主な著書に『憂欝でなければ、仕事じゃない』『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』、『編集者という病い』『たった一人の熱狂』『読書という荒野 』など。

見城徹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
ジョン・キム
ウォルター・アイ...
落合博満
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはないに関連する談話室の質問

人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはないを本棚に登録しているひと

ツイートする