クロスマッチ 止まらない心臓

著者 :
  • 講談社
2.56
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 16
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176446

作品紹介・あらすじ

妻の突然死、職場の不和、そして息子の大病。その背景にはみな、あの男の影があるのか!?芽生えた怒りと悲しみの決意が、平穏なはずの人生の歯車をきしませていく。そして、計画は実行される-。モダンホラー界の俊英(日本ホラー小説大賞長編賞受賞作家)が描く、ある男の人生の再出発と、その迷走の果て。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■羽田空港の書店に平積みになっていたときから気になっていたので図書館でリクエスト。

    ■ちょっと東野作品風な感じは否めないけど、今や避けて通れない「食の安全性」といったタブーにも真っ正面から取り組んでいてなかなか読み応えがあった。

  • 最後の最後が全く理解出来ず、結局何が何だか…。それまでは、よくあるサスペンスだったのに。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1974年生まれ、東京都出身。和光大学人文学部文学科卒。2005年『チューイングボーン』で第12回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞。選考委員の林真里子氏から「まごうかたなき才能の持ち主である」と賞賛される。著書に『1gの巨人』『揺りかごの上で』(ともに双葉社刊)など。

「2013年 『紙の眼』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大山尚利の作品

ツイートする
×