男の休日着こなしの方程式

著者 : 森岡弘
  • 講談社 (2012年5月18日発売)
3.30
  • (4)
  • (4)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • 101人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176583

作品紹介

どれを組み合わせてもおかしくないアイテムしか買わない。コーディネートは3パターンあればいい。「クールビズ」でも素敵になれる!テレビ、雑誌、講演等で活躍のスタイリストが指南。

男の休日着こなしの方程式の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これはかなり大人向けのファッション本です。
    とはいえ、参考になる部分はかなり多く、着こなす数を増やしたくなります。

  • 基本的な男性ファッションの解説
    スーツから着崩していくことを主眼に置く
    あまりファションを考えない人にこそ薦めたい

  • 最初はユニクロなどリーズナブルな話をしているにも関わらず、結局はラグジュアリーブランドの選択。がっかりでした。

  • ちょっと大人ファッションになりたくて読んでみた。

  • 思っていた通りのコーディネイトだった。

    本書は、なんらかの理由で休日ファッションを見栄えするものに変えなければいけないと切迫した気分に陥った、ファッションに無頓着だった中年男性向けのお助け本といって差し支えないと思う。

    ファッションに興味ない人が対象だから、細かいことは省き、シンプルに方程式化して説明している。だから、わかりやすし、取り入れやすい。

    でも、ファッション好きの方にはもの足りないことだろう。

  • 2012年12月19日読了。人前で広げるのをためらう装丁だが、オシャレ男の著者が「パートナーの女性が一緒にいて恥ずかしくない」レベルの男の装いの指南をする書。40代以上の男性を読者に想定しているようだが、このあたりの年代のおっさんの私服は流行の最先端を行く必要もなく極端な服を選ぶ必要もなく、ただいくつかのポイント(方程式)に沿って服を選んでいればOKよ、といった内容。ぴったりもぶかぶかもしないジャストサイズの服を選ぶのは基本だが、「ジャケットは夏でも冬でもフル活用せよ」「ネイビーをもっと取り入れるべき」「差し色はポケットチーフやストールなどを使う」「ベルトには凝るべき」「ボトムスの色は遊んでもよい」などがその方程式か。私も自分の休日ファッションを見直さねば。

  • ・カジュアル度三段階
    1パートナーとのお洒落、ジャケット
    2ショッピング、小物含めて3色以内、ベージュ、グレーをベースに白を効かせる、白ボトム
    3ワンマイルウェア

    ・スーパークールビズ:チャコールグレーポロ+焦げ茶ウールパンツ+焦げ茶靴

    ・困ったときは白

    ・ストール森岡巻き

全7件中 1 - 7件を表示

森岡弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

男の休日着こなしの方程式はこんな本です

男の休日着こなしの方程式を本棚に登録しているひと

ツイートする