K

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (14)
  • (28)
  • (22)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 179
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062176705

作品紹介・あらすじ

円満とはいえなかった夫婦生活を、優しさとユーモアに溢れた眼差しで振り返るとき、そこにはかけがえのない「愛」と呼べるものがあった-。逝ってしまった妻・Kへの想い。半世紀に及ぶある夫婦の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私小説なのにこんなに面白くて良いのかって思うほど面白かった。
    面白いって言葉が適切なのか自信はないけれど。
    他人の夫婦、余所様の家庭を覗き見してる感じで。
    我ながら悪趣味だな。

    詩人で作家の三木卓氏がやはり詩人だった妻“K”の事を赤裸々につづった本書。
    この妻の悪妻っぷりがすごい。思わず笑っちゃう。
    お風呂を沸かしてくれと頼んだだけで怒って家出しちゃうし、結婚後初めての夫の給料は全部自分で使っちゃうし。
    挙句の果てにアパートを借りて夫をそこへ追い出す。
    夫が病気で入院しても自宅には戻ってくるなとなんと冷たいお言葉。

    でも、そんな妻を三木氏は最後まで好きだったんだろうな。
    わがまま放題で冷たい仕打ちをされたにも関わらず、妻の闘病生活を支えているし、時に妻のために涙する。
    東北のお嬢様育ちの妻の都会での寂寥感を理解し、死後は妻のために遺稿集も出版する。
    本当にKは幸せ者だよ。

    でも天国でKは何と言ってるだろう。
    勝手に小説に私の事を書いてってきっと憤慨してるだろうな。
    遺稿集にしても、絶対「ありがとう」なんて言わないんだろうな。
    そんな妻だもの。
    そんな妻が唯一の伴侶と言える三木氏、いいわぁ。
    こんな素敵な私小説をありがとう。

  • 男性が妻を亡くして書く追悼記には鼻白むことが多いのだが、これは違った。
    著者が妻になる女性と知り合ってから、彼女が亡くなるまでを書いているが、まあこの女性の強烈なこと。
    家事はしたことがなく、仕事もしたくない。お金はあるだけ使ってしまう。子どもは溺愛し、自立させない。夫は追いだす。(生活費は夫持ち)
    普通の男なら離婚して当然のような人。
    でも、いやな気持にならないのは、夫である三木さんが、彼女の生い立ち、性格を十分わかっていて、彼女の個性を認めているから。
    確かに乳児の頃に乳母の家に預けられ学齢になったら、むりやり家に戻されるという体験が感じやすい女の子の心にどれほど深い傷を残したか想像に難くない。
    生き方が非常に下手で、生きにくい世を精一杯生きた彼女、Kの冥福を祈ります。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      三木卓は、結構好きな物書きです。「おおやさんはねこ」「星のカンタータ」等
      福井桂子の詩は読んだコトありませんが、今気になるのが彼女自身が三木...
      三木卓は、結構好きな物書きです。「おおやさんはねこ」「星のカンタータ」等
      福井桂子の詩は読んだコトありませんが、今気になるのが彼女自身が三木卓をどんな風に思っていたか。。。もう聞けない訳ですが、、、
      2012/10/31
  • 詩人三木卓氏が、同じく詩人だったKこと妻の福井桂子氏との出会いからその死までを描いた私小説。夫婦(家族)のことは夫婦(家族)にしかわからないというけれど、それはこういうことなのだなぁという感慨、そして陰惨にもなりかねないこの物語をそうは描かない(またはそうは受け取らない)著者のスタンスとセンスの絶妙さ。切なく滑稽で、深く頷いてしまうような。数十年間ほとんど家に帰らず別々に暮らしながらも離婚はせず、しかし当然のように乞われて最期を看取る。惚れ抜いた伴侶と共に歩んだ人生"ではない"、としてもそれを失敗とはせず、むしろそこから得たものがなんと豊かに描かれていることか。人の生と情の様々なあり方に静かに感嘆する。

  • 人間関係の距離感は、人それぞれ違う。
    特に異性との距離感は、様々。
    悲喜交々相まって、複雑だ。
    夫婦関係も同じだ。
    ラブラブ親密をいつまでも維持している
    カップルがいる反面、
    なんで、まだ婚姻関係が続いているのか
    理解不能なカップルもいる。
    面白いものである。
    本書は、ある意味特殊であり、どこにでもある
    夫婦。
    すれ違いあり、心の通い合いがあり。
    個人的にはとても楽しめたのだが、読者を選ぶかもしれない。

  • 氏の作品は「路地」以来でしたが、ここまで妻との関係を書ける著者の力に感服しました。


  • ?ォ?医こ繧、?
    [闡苓??荳画惠縲?蜊薙??闡
    ?郁ャ幄ォ?、セ ? 1575蜀

    [隧戊??蜊玲惠縲?菴ウ螢ォ ?医??菴懷ョカ繝サ蛹サ蟶ォ縲り送譖ク縺ォ縲守?蜃コ豐。豕ィ諢鞘?閾ェ驕ク遏ュ遽?ー剰ェャ髮??上↑縺ゥ縲ゑシ
    笆?螟ォ蟀ヲ縺ョ繧上°繧翫≠縺医↑縺
    縲??ィ豌剰ウ槭?∬冠蟾晁ウ槭r縺ッ縺倥a縺ィ縺吶k荳サ隕√↑譁?ュヲ雉槭r蜿苓ウ槭@邯壹¢縺ヲ荳?香荳?ュウ縺ォ縺ェ縺」縺溯敢陦馴劼莨壼藤縺ョ隧ゥ莠コ繝サ蟆剰ェャ螳カ縺後?√d縺ッ繧願ゥゥ莠コ縺ァ縺ゅj縲√♀縺ェ縺?ケエ縺ョ縲∽ク?香莠梧ュウ縺ァ逋鯉シ医′繧難シ峨?縺溘a騾昴▲縺溷ヲサ?域。ょュ撰シ晢シォ?峨r蛛イ?医@縺ョ?峨s縺ァ譖ク縺?◆遘∝ー剰ェャ縲

    縲?隕∫エ?☆繧後?諢帛ヲサ縲∫羅螯サ迚ゥ縺ョ繧ク繝」繝ウ繝ォ縺ァ縺上¥繧峨l繧倶ス懷刀縺ィ縺励※縲√≠繧峨°縺倥a蜀?ョケ縺梧耳貂ャ縺輔l縺ヲ縺励∪縺?◎縺?□縺後?√?繝シ繧ク繧偵a縺上k縺サ縺ゥ縺ォ縲∫李蠢ォ縺ェ縺上i縺?◎縺ョ莠域Φ縺ッ陬丞?繧峨l繧九?

    縲?縺セ縺壹?√%縺ョ螟ォ蟀ヲ縺ッ縲∝、ォ縺悟ー剰ェャ繧呈嶌縺榊ァ九a縺滉ク牙香莠斐?∝?豁ウ縺ョ縺薙m縺九i縲∝ヲサ縺檎剏縺ォ縺翫°縺輔l縺溷?蜊∽ク?ュウ縺セ縺ァ縲√⊇縺ィ繧薙←荳?邱偵↓縺ッ證ョ繧峨@縺ヲ縺?↑縺??縺?縲

    縲?邨仙ゥ壽掠縲??∬?蛻?享謇九↑螯サ縺ョ險?蜍輔↓鬩壹°縺輔l繧句、ォ縲りサス螯吶↑遲??縺ォ隱倥o繧後?√?縺ゥ縺?・ウ縺ィ荳?邱偵↓縺ェ縺」縺。繧?▲縺溘s縺?縺ェ縺ゅ?√%縺ョ雋ァ荵上↑隧ゥ莠コ縺ッ縲√→蜷梧ュ縺励▽縺、縲∽ス懷刀縺ョ荳也阜縺ォ蠑輔″霎シ縺セ繧後k縲ゅd縺後※縲√☆縺薙@縺壹▽縲√%縺ョ螯サ縺ョ闃ッ縺ォ縺ゅ▲縺溘→縺ヲ縺、繧ゅ↑縺?ュ、迢ャ諢溘′縲∵悽迚ゥ縺ョ菴懷ョカ縺ョ隕也せ縺ァ驕惹ク崎カウ縺ェ縺剰ィ倩ソー縺輔l縺ヲ繧?¥縺ィ縲√b縺?悽繧帝哩縺倥i繧後↑縺上↑繧九?

    縲?螯サ縺御ク牙香蝗帶ュウ縺ョ縺ィ縺阪↓蜃コ縺励◆隨ャ荳?隧ゥ髮??主━縺励>螟ァ蟾・縲上?縺ゅ→縺後″縺ォ縺ッ縲∬凶縺?%繧阪d繧√◆隧ゥ菴懊r蜀埼幕縺吶k逅?罰縺ィ縺励※谺。縺ョ荳?遽?縺後≠繧九?

    縲??懊o縺溘@縺ッ繧上◆縺励〒縺励°縺ェ縺?→縺?≧縺翫◎繧阪@縺丞腰邏斐↑縺薙→縺ォ縲∝?縺ウ豌励▼縺九↑縺代l縺ー縺ェ繧翫∪縺帙s縺ァ縺励◆?

    縲?縺薙?螯サ縺ッ縲∵擲蛹励?螟ァ蠎暦シ医♀縺翫□縺ェ?峨?螽倥↓逕溘∪繧後↑縺後i驥悟ュ舌↓蜃コ縺輔l縲∵?蜻ス縺ォ閧イ縺ヲ縺ヲ縺上l縺滉ケウ豈阪→蠑キ蠑輔↓髮「縺輔l縺ヲ螳溷ョカ縺ォ繧ゅ←繧翫?∵擲莠ャ縺ョ螂ウ蟄仙、ァ縺ァ縺ッ蝨ー譁ケ蜃コ霄ォ閠?→縺励※縺ョ逍主、匁─繧呈干縺阪↑縺後i縲手*譖ク遐皮ゥカ縲上?謗域・ュ繧堤?蠢?↓閨エ縺?※縺?◆縲

    縲?螯サ縺ィ螻?r縺ケ縺、縺ォ縺励※蟆剰ェャ繧呈嶌縺?※縺?◆螟ォ縺ッ縲∝庶蜈・繧偵☆縺ケ縺ヲ螯サ縺ォ貂。縺励◆縲よオョ豌励b縺励↑縺九▲縺溘?ゅ◎繧後?縲√←縺薙°縺ァ縺薙?逵滓賊?医@繧薙@?峨〒荳榊勣逕ィ縺ァ蜍牙シキ辭ア蠢?↑螯サ繧呈噴縺励※縺?◆縺九i縺ォ縺サ縺九↑繧峨↑縺??

    縲?閧イ縺。縺ョ驕輔>縺ォ繧医k螳カ蠎ュ蜀?枚蛹匁束謫ヲ繧偵Θ繝シ繝「繝ゥ繧ケ縺ォ謠上″縺、縺、縲∝、ォ蟀ヲ縺ョ繧上°繧翫≠縺医↑縺輔?∫ィ??医∪繧鯉シ峨↑謗・轤ケ縺ョ雋エ驥阪&縺ォ縺、縺?※邊セ遒コ縺ォ譖ク縺阪″縺」縺滓・オ荳翫?遘∝ー剰ェャ縺?縲

    ?懊b縺?シ大??槭??縲?郢皮伐菴應ケ句勧闡励?主、ォ蟀ヲ蝟?悼縲擾シ域眠貎ョ譁?コォ?峨?ょ?闃ク閠??陜カ蟄舌→蛹也イァ蜩∝査蝠丞ア九?諱ッ蟄先浹蜷峨?ゅ>繧上¥險?縺?屮縺?塙螂ウ縺ョ髢「菫ゅr謠上¥蜿、蜈ク逧?錐菴懊?

    縺ソ縺阪?縺溘¥縲??托シ呻シ難シ募ケエ逕溘∪繧後?ゆス懷ョカ繝サ隧ゥ莠コ縲り送譖ク縺ォ縲手キッ蝨ー縲上?手」ク雜ウ縺ィ雋晄ョサ縲上?主圏蜴溽區遘九?上↑縺ゥ縲

  • 久々に3日で読破しました。


    我が家は日経新聞を読んでいるのですが

    以前、新聞で見た三木さんの書いたものの印象が、とても強く残っていて

    いつか読もうと決めていた本でした。

    三木さんご夫婦の不思議な、というより変わった関係と、

    近頃私も考えてしまう孤独と、繋がっているような気がしてきました。


    それにしても、Kさんは謎。

  • 読んでいて辛かったし、苦しかったし、楽しいなんていうこともほぼなかったし、けれど何かしら、引きずり込まれるような感覚でどんどん読まされてしまって、結局読み終えてしまった。
    やっぱり我が身の人生に照らし合わせてもいた自分があった。
    「結婚」。これはもう筆舌に尽くしがたい世界。この「結婚」をどう捉えていくかで、人生は如何様にでも変遷していく、そう思う。だからこそ・・・、ということで、敢えて「・・・・」のことは明記せずに置いておこう。人生、まだまだ道半ばでもあるからだ。

  • がまくんとかえるくんの、心にしみる翻訳が好きだが、恥ずかしながら翻訳以外は初挑戦の三木卓作品。
    生意気承知で言うが、さすがの文章力で、エッセイを読むのが苦手な私にも、とても読みやすい。
    奥様(K)と、奥様との暮らしの回顧録だが、読んでいくとKという女性が奥様という言葉が遠い方だとわかる。そして、三木さんとKさんの夫婦生活が、普通とずいぶん違うことも。
    この本をKさんが読まれたら、と想像すると、思わず笑ってしまう。でも、芥川賞作家で日本中の子どもたちに愛されるアーノルド・ローベルの名翻訳者の三木卓さんがあるのは、ちょっと変わったKさんと、Kさんとの結婚生活があったからかもしれない。

  • 和図書 913.6/Mi24
    資料ID 2013103031

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1935年、東京生れ。早稲田大学卒業。芥川賞、平林たい子賞、芸術選奨文部大臣賞、谷崎賞、読売文学賞、2006年「北原白秋」で毎日芸術賞、藤村記念歴程賞、蓮如賞を受賞。07年、日本芸術院賞恩賜賞受賞。

「2016年 『私の方丈記 【現代語訳付】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

Kのその他の作品

K Kindle版 三木卓

三木卓の作品

Kを本棚に登録しているひと

ツイートする