嵐のピクニック

著者 :
  • 講談社
3.21
  • (38)
  • (101)
  • (134)
  • (45)
  • (29)
本棚登録 : 961
感想 : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062177047

作品紹介・あらすじ

可笑しいけれど、どこかブラック。ワクワクするほど、不思議でキュート。
リアリズム、ファンタジー、恋も、ホラーも、クラシカルからモダンまで――。
異才・モトヤがその想像力のすべてを詰め込んだ、13の“アウトサイド”な短篇集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ヤバイ。あぶない。
    綿矢りさ「憤死」の再来思わせるようなメルヘンな表紙。

    これは危険なのではなかろうか…とページをめくると
    13編の短編で、どれもどこがか微妙にズレていて。。。
    不思議な読み心地でした。
    どこかが「アウト―!」している人たちの集合作品でした。

    好きなのは
    「哀しみのウェイトトレーニング」「亡霊病」「彼女たち」

    女のグローバル化。
    もう男の後ろを3歩下がって歩かない肉食女子の発生。
    中二病系。
    引きこもり系。

    と、つかみどころがない世界観でした。
    だけどぶっ飛んでなかったので、少し物足りないかな。
    本谷さんの作品は「メンヘラ」「ぶっ飛び」が好き。
    毒が抜けてアレ?っていう感じ。


    もう結婚した後だけど、この本を読んで
    “本谷さん結婚したのかな?”と思った。
    (この作品は結婚する前の作品でしたが、)
    ソフトだし、結婚生活や子供というフレーズがやたら出てくるので
    心境の変化の作品かな、と思ったり。

    • 円軌道の外さん

      遅くなりましたが、
      明けましておめでとうございます!
      今年もよろしくお願いします(^o^)


      わぁ~本谷さん、好きなんですよ...

      遅くなりましたが、
      明けましておめでとうございます!
      今年もよろしくお願いします(^o^)


      わぁ~本谷さん、好きなんですよ~(^^)

      映画「 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」や
      「乱暴と待機」のぶっ飛び具合にハマったんやけど、
      小説はまだ読んだことないので
      是非とも今年はチャレンジしてみたいです!

      てか、本谷さん、結婚されてたんですね(汗)(゚o゚)/

      今年も楽しくて
      鋭い視点のまっき~♪さんのレビュー
      楽しみにしてます!


      2014/01/13
    • まっきーさん
      円軌道の外さんへ

      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます♪
      そして花丸もたくさん、ありがとうございます!
      ...
      円軌道の外さんへ

      明けましておめでとうございます。
      コメントありがとうございます♪
      そして花丸もたくさん、ありがとうございます!

      本谷さん、いいですよね(o^∀^)
      私は逆で映画を見たことがないので、「 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を
      見てみたいなぁ~と思いました。

      この本の内容がソフトで、ぶっ飛んでなかったので「アレ?」って思って
      検索してみたら、この作品だしてから少ししてからご結婚なさったようで。

      なるほどー。と思ったんです。
      最近、次々と作品を出しているので、楽しみが多いですね♪

      今年もまたよろしくお願いします(o^∀^)
      2014/01/14
  • 『嵐のピクニック』  本谷有希子    講談社

    積ん読の中から掘り出したら、表紙がキュートに思えて手に取った短編集。
                                                          
    ずっと積んであったのを忘れていた本。私が読むだろうとオットが買って来てくれたが
    「大江健三郎賞」でイキナリ読む気を無くしたんだった。(≧∇≦)

    13の短編が入っているが、思いの外面白かった。以下目次。
    ・アウトサイド  (ヤル気のない自分に根気よく優しかったピアノの先生が見せた狂気は)
    ・私は名前で呼んでいる  (失恋したキャリアウーマンはカーテンの膨らみになにを見るのか)
    ・パプリカ次郎   (露店商の次郎が見たものは)
    ・人間袋とじ   (しもやけで癒着しかけた足の小指をそっとはがすとき)
    ・哀しみのウェイトトレーニー   (突然ボディビルにのめり込む主婦は…)
    ・マゴッチギャオの夜、いつも通り  (多少のインテリジェンスより、集団の奇跡?)
    ・亡霊病  (最低で最高のホラー)
    ・タイフーン  (傘は大切)
    ・Q&A  (神の声か?ババアの世迷言か?)
    ・彼女たち  (河原の決闘)
    ・How to burden the girl  (少女の髪はいかにしてピンク色になったか)
    ・ダウンズ&アップス  (結局は上辺と金?)
    ・いかにして私がピクニックシートを見るたび、
                         くすりとしてしまうようになったか  (世の中、色々なお客様がいらっしゃいます)

    リアリティーを感じさせるものもあれば、海外SF?と思う様な話もあり、とんでもないホラーも、不思議なファンタジーもあり、この発想は何処から?と驚きながら読んだ。
    かなり面白かったので、カッコ内は自分の一言メモ。

  • ■第7回大江健三郎賞受賞 作品
    -----------------
    優しいピアノ教師の一瞬の狂気(「アウトサイド」)、ボディビルにのめりこむ主婦(「哀しみのウェイトトレーニー」)、カーテンの膨らみから広がる妄想(「私は名前で呼んでる」)猿山の猿が起こす奇跡(「マゴッチギャオの夜、いつも通り」)……奇想天外、前代未聞、野間文芸新人賞作家の想像力がはじけ飛ぶ、13の“アウトサイド”な短篇集!(初出:群像「13の“アウトサイド”短篇集」改題)
    -----------------
    <感想>
    短編だから?「自分を好きになる方法」を読んだ後に読んだから?少し作風が落ち着いてしまったように感じた。…と思ったのは途中まで。最後の方になるにつれ狂気じみた話が多くなっていく。本谷有希子の描く女性が好きだけど、こういう話も書くんだね!と、違った一面を知ることができた小説だった。

    ■アウトサイド★★★★
    親友とつるんで好き勝手していた中学生の女の子が、優しいピアノの先生に出会う。そして先生が見せた一瞬の狂気によって、真面目にピアノを練習するようになる。
     ピアノ教師のダークサイドが出ていて、とても面白かった。短編なのが残念。長編だったら、もっともっと深い心の闇が見れて面白そうなのにと思った作品でした。

    ■私は名前で呼んでいる★★★
    会議中にカーテンのふくらみがどんどん気になってしまい集中できなくなっていく。
    最後のオチが好きだな。「シューダダダ!」とダッシュした後の大きなシュミラクラ現象(笑)

    ■パプリカ次郎★★★
    屋台の少年と、定期的に台風や雷のように現れ露店を破壊していく暴ギャングのような人たちとの寓話。
    「いしいしんじ」みたいな短編だった。こういう小説も書くんだ。と新たな本谷有希子を知った作品。

    ■人間袋とじ★★★
    足の指にできたしもやけがくっついてしまった。それを彼に裂いてもらおうとする彼女。昔、お互いのイニシャルをタトゥーにしていた指だった。
    さらっと読めてよかった。最後は裂いたのかな?どうなのかな?と楽しませてくれる作品。

    ■哀しみのウェイトトレーニー★★★
    平凡な主婦が、ボディビルのトレーニングに目覚めてしまう。ムキムキになって明らかに変化しているのにも関わらず、気がつかない夫。
    最後は、夫婦仲直りってかんじだけど、なんで?かよくわからない。途中まではとても面白かった。最後は理解力不足でよくわからなかった。

    ■マゴッチギャオの夜、いつも通り★★
    サルの檻に入ってきたIQが高いチンパンジーのゴードン。夜中に忍び込んできた人間に花火や石を投げられて死んでしまう。しかし、サルの奇跡の力で蘇る。そんな力があれば、外に出られるのにと言うゴードン。
    宝の持ち腐れというか、なんというかね。さらっと読みました。

    ■亡霊病★★★★
    人生で一番幸せかもしれない、という瞬間にかかる病気。コンクールの入選セレモニーで、スピーチする直前に「人生で一番幸せな日」と噛み締めてしまい亡霊病になる。口からエクトプラズマを吐き出し、悪口雑言をまきちらして、消えてしまった主人公。
    最初は、意味が分からないと思って読み始めたけど、最後が笑えた。亡霊病こわいわーwww 
    こういう病気を考え出す本谷有希子が好きです。

    ■タイフーン★★★★★
    少年が台風の日に雨宿りしていると、おじさんが話しかけてきた。傘をさして必死に歩く人を馬鹿にしてはいけない。彼らは傘で人が飛べると信じてるんだという。よく見るとみんな傘で空を飛んでいた。おじさんも目の前で飛んで行った。それ以来、傘うを人をばかにするのをやめた。
    気持ちがほんわかするお話だった。

    ■Q&A★★★★
    輝く女性のご意見番として芸能活動してきた女性が、病室で最後の連載インタビューに答える。
    女性誌で取り上げられる輝く憧れの女性の内心をユーモアで綴っていて、面白かった。

    ■彼女たち★★★★★
    彼女から決闘を申し込まれて河原に行くと、同じように決闘している男女が沢山いた。彼女のことをおとなしすぎると思っていたために狂暴化していく彼女。男の願望が女性を暴走化させてしまう世界。
    男性に対する皮肉が、痛快でおもしろかった。逆の世界もあるだろうねー。

    ■How to burden the girl★★★★
    家族を悪の組織に殺されてしまった隣の家の女の子。同情心からか告白をしてしまった。すると、彼女は父親を誘惑して母親を追い出した。悪の組織は母親だという。そして彼女は男に言った。私のことを理解するためには、自分の父親を誘惑すべきと。男は恐ろしくなって逃げた。
    途中まではグイグイ引き込まれて、凄く面白かったのに、最後のオチがいまいちだった。

    ■ダウンズ&アップス★★★★★
    お世辞で塗り固められた世界で生きてきた主人公。本音を言ってくれる若者に出会い、本音を言う若い人たちを集めた事務所を作る。しかし、本音をぶつけてくる世界も、お世辞を浴びせる世界も実はそっくりだと気づいてしまった。ある日、急にバカバカしくなって本音を言う彼をののしってしまう。少し後悔したが、自分にはお世辞シャワーを浴びる上辺の世界が合っていたとさとる。
    面白かった。上辺の世界。本音の世界。どっちだっていい。結局、わざわざ違いなんて強調しなくていいんだな。媚びずに自分らしく生きたいね。

    ■いかにして私がピクニックシートを見るたびに、くすりとしてしまうようになったか★★★
    気に入る服が見つからず、試着室から全く出てこないお客様のために、試着室ごと街に出る。試着室を坂の上まで引っ張り上げたが、勢いよく下って行ってしてしまう。お客さんの正体はドロドロした物体のようだった。それ以来、あらゆるものは自分の想像を超えているもかもしれないと思うようになった。
    挿し絵が入っていて笑った。最後はなんだか、ふーん。と思ってしまったので★3つ。

  • 頭ん中を空っぽにして読んだ。
    そしたら、物語が頭ん中で、猛スピードで駆け抜けたり、急旋回したり、フワフワ浮かんでたり、奇妙な雄叫びを上げてたり。
    そんな不思議、奇想ワールドが広がった。

  • ショートショートみたいだった。

    最初はなんじゃこれ、という感じだけど笑、ペースにはまると面白い。

    突発的なアイディアを短編にとどめて「逃げ」ていると個人的には思うけれども、そういうものなのかなぁ。

  •  不穏な雰囲気、静かな狂気、そっと背筋が寒くなる感覚。どことなく切なさが漂っていたり、滑稽さが滲み出たりしているところも良かった。なかでも、「人間袋とじ」、「How to burden the girl」が好き。

  • あれ?本谷有希子ってこんなんだったっけ?正直ちょっと残念っていうか、あれ?という感じ。自意識過剰の女とか、ちょっとおかしいけど、普通みたいな人とか、そういうのが、書くのうまい!って思う。正直「天才•本谷有希子」を感じられず。無理して、変な設定にして、がんばって無理して書いたのかなー?と思ってしまった。

  • 「腑抜けども、…」以来、手に取りました。13の短編集。なんじゃ?と思うファンタジー?もどきもあるし、突飛な作品もありますが、妙に引き込まれました。特に「悲しみのウエイトトレーニー」と「亡霊病」。人間の悲哀を感じたなぁ。しかもありそうだし。どこからこういう発想が出てくるんだろう。読了後不思議な感覚にとらわれる作品でした。この世のような、どこか知らない世界のような。これが本谷さん流なのか?

  • これはツボ!!ww いちいち、面白いんだか、ファンタジーなんだか、ブラックなんだかわからないけど、その読めなさ感がツボ過ぎるwww いやー、面白かった!そーんなに期待してなかったのですが、いやいや読んでよかったです。マジでw もっといろいろ読んでみよ~っと♪

  • ラジオの対談番組で本谷有希子を知り、興味を覚え読み出す。
    奇想天外・意味不明。
    私には合わない。
    頑張って読み終えようとしたが無理でした。3篇残す。

全179件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本谷有希子(もとや・ゆきこ)
1979年、石川県生まれ。2000年「劇団、本谷有希子」を旗揚げし、主宰として作・演出を手がける。主な戯曲に『遭難、』(第10回鶴屋南北戯曲賞)、『乱暴と待機』、『幸せ最高ありがとうマジで!』(第53回岸田國士戯曲賞)などがある。主な小説に『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』、『生きてるだけで、愛。』、『ぬるい毒』(第33回野間文芸新人賞)、『嵐のピクニック』(第7回大江健三郎賞)、『自分を好きになる方法』(第27回三島由紀夫賞)、『異類婚姻譚』(第154回芥川龍之介賞)、『静かに、ねぇ、静かに』など。近年、著作が海外でもさかんに翻訳され、『異類婚姻譚』『嵐のピクニック』を始め、世界9言語で出版されている。英語版は The New Yorker、The New York Timesなどで大きな話題となった。

「2021年 『あなたにオススメの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本谷有希子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×