[新装版] 赤瀬川原平が読み解く全作品 フェルメールの眼

  • 講談社
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062177245

作品紹介・あらすじ

「フェルメールはカメラが出来る前の“写真家”である。」
永遠の新鮮さの謎

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学術的な向きはあまり感じられませんでしたが、初版発行の年月日を知り納得です。
    著者の文体と着眼点、表現が独特で、他の美術書とは一線を画しているように思います。

  • フェルメールは生涯で36枚のみ作品を残した!この本はすべての作品を解説している。彼の絵の素晴らしさは、レンズを通したような光と影、左側にある窓から注ぐ光、登場人物の視線の交叉する緊張感、多く登場する手紙が物語り聞こえてくるようなストーリーなどという解説が凄く分かります。そして数少ない風景画「デルフトの眺望」に登場する2人の人物のアクセントが素晴らしい!「真珠の首飾りの少女」以外にも見所がたくさんありそうです。一方、失敗作としか思えないようなものの評は厳しいです。確かにそう思えます。

  • 絵画は全く知識がなく、図書館で目についたから読んでみた。

    解説は簡単に作者の感想みたいなものだと感じた。入門としては読みやすくてよかった。

  • 2012年7月5日 夫からのプレゼント。
    2017年6月28日読了。

  • 専門家の筆ではないので勉強になる解説ではないが、網羅性に加えて筆者の文体を楽しむなら有り

全6件中 1 - 6件を表示

ヨハネス・フェルメールの作品

ツイートする
×