出雲と伊勢 神道の叡智

著者 :
  • 講談社
2.60
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 16
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062177528

作品紹介・あらすじ

「日本の心のふるさと」として敬愛される出雲大社と伊勢神宮は、表裏一体の不思議な関係にあり、共に日本の精神文明の基礎である。この由緒ある二大神社の本質を明らかにしながら、「神」とは何か、「神社」とは何か、「神道」とは何か、を解説し、新しい時代を築き上げていく神道の思想と、清明な本当の生き方を詳述する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本古来の神道とそれを取り巻く環境や思想などがわかる本。

    出雲大社や伊勢神宮を扱った本は何度か読んできましたが、これまでで一番しっくりくる本でした。これまで何冊か読んできた下地もあったからだとは思います。

    (以上、ブログ全文です。)

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4308403.html

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1925年、岡山県生まれ。皇典講究所に学ぶ。肺結核を患い仮死状態に入り、異次元世界を体験した後、奇蹟的快復をみる。その後、神道修行に入り家学を修め、1949年、明治天皇外戚家「中山忠徳」の猶子として、応神朝以来伝承する山蔭神道家第79世を相続して、古神道の体験的研究と学問的研究を行なう。また1960年には、亜細亜大学で近代経済学を学び、古道と科学の両面を研修する。その後、宗教法人山蔭神道を愛知県に設立し、管長に就任。
著書に『出雲と伊勢 神道の叡智』(小社刊)『神道の現代的解義』『祈りと奇蹟』『己貴秘伝』『一霊四魂』『陰陽道秘鍵』『神道入門』(全5巻)『直霊の鏡』『ヨガと神道』『日本神道の秘義』『神道の神秘』『神道の生き方』『よくわかる日本神道のすべて』(講談社プラスα文庫)、英文書The Essence of Shinto(講談社USA)などがある。

「2012年 『日本人なら知っておきたい 季節の慣習と伝統』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山蔭基央の作品

ツイートする
×