七世竹本住大夫 限りなき藝の道

著者 :
  • 講談社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062177580

作品紹介・あらすじ

三百有余年の文楽史上、最高齢の大夫の至芸とは? 「好きだからこそ、いつも一生懸命なんですわ」「まだ足りん、もう一回、人生がほしい」「基本に忠実に素直にやればいいのです」。十年以上、各地での住大夫の公演を「おっかけ」続ける仏文学者が、不世出の名人が辿りついた至高の境地に肉迫する。住大夫と三味線の野澤錦糸のインタビュー、年譜、著書・CD・DVDリストも収録。文楽の見どころ聴きどころも丁寧に解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「歳をとることのすばらしさ」実感出来たら良いなぁ、、、

    講談社のPR
    「奥深き藝の道をひたすらにただひとすじに
    竹本住大夫、野澤錦糸のオリジナルインタビュー、80ページ収録

    三百有余年の文楽史上、最高齢の大夫の至藝とは? 「好きだからこそ、いつも一生懸命なんですわ」「まだ足りん、もう一回、人生がほしい」「基本に忠実に素直にやればいいのです」。十年以上、各地での住大夫の公演を「おっかけ」続ける仏文学者が、不世出の名人が辿りついた至高の境地に肉迫する。住大夫と三味線の野澤錦糸のインタビュー、年譜、著書・CD・DVDリストも収録。文楽の見どころ聴きどころも丁寧に解説。

    何ごとにも若さを求め、老成を見ようとしない現代にあって、住大夫は歳をとることのすばらしさを身をもって体現し、私たちに静かに示しているのです。
    藝の達人であり、人生の達人でもある。そうした二つの意味を込めて、最後にこう書いて私は拙い筆を擱こうと思います。すなわち……
    七世竹本住大夫はまがうかたなき名人である、と。(第十二章「結び」より)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

明治大学商学部教授、フランス文学者。早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。著書に『プルースト研究』(駿河台出版社)、『七世竹本住大夫 限りなき藝の道』(講談社)、『物語 パリの歴史(講談社現代新書)』、訳書にプルースト『消え去ったアルベルチーヌ』『失われた時を求めて』(全14巻刊行中/ともに光文社古典新訳文庫)、レアージュ『完訳 Oの物語』(学習研究社)、ロミ『完全版 突飛なるものの歴史』(平凡社)など多数。

「2021年 『プルーストへの扉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高遠弘美の作品

ツイートする
×