猫弁と透明人間

著者 :
  • 講談社
3.91
  • (55)
  • (86)
  • (62)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 480
感想 : 80
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062177603

作品紹介・あらすじ

百瀬太郎は、おひとよしの天才弁護士。ペット訴訟で放り出された猫を引き受け、事務所は猫でいっぱいに。そんな百瀬のもとに、新たな依頼人"透明人間"からメールが届いた。メールを読んだ百瀬は、タイハクオウムの杉山を救出し、またしても事務所に連れて帰る。-なぜ人は自分のそばにいる人を大切に思えないのだろう?そばにいてくれるだけでありがたいのに。人を、猫を、依頼人を守るため、百瀬太郎は今日も走る。数々のピースがあたたかく繋がる、『猫弁』シリーズ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前回あまりにキレイな大団円だったので、
    今作もすごく期待していたけど…期待なんて
    はるか上を超えて、今回も猫弁先生の優しい法律の魔法で
    いろんな人を最善の方法で幸せにしてくれました。

    あったかくてあったかくて涙が止まらない。
    本を読んでいてここまであたたかさに涙することは
    初めてでした。不器用な人だらけだけど
    それぞれがぞれぞれに想うことのあたたかさ。

    その中に切なさの成分も含まれているけど
    それでもその切なさを覆う優しさにまた涙が零れました。

    百瀬さんと亜子ちゃんの間にも、不器用でスローペースながら
    まっすぐで優しい恋が育ってくれて、いちいち
    猫弁先生の不器用な愛情にきゅーーっっ♡
    もぅ、それはもはや計算ですか!?ってぐらいキュートっ。

    女心は分からないし間違ってばっかりだけど、百瀬さんの
    不器用ながらにしっかりとした想いがあって大好きです!
    でも、ぎゅっと抱きしめた後に一目散に走り去られたら
    どうしたらいいの?[笑]
    本だからきゅんとするけど、実際にここまで純粋で突っ走られたら
    逆に分からなくて振り回されそう。百瀬恐るべし[笑]

    春美ちゃんの今後や、野呂さんの今回は語られなかった部分や
    百瀬さんの亜子ちゃんとの結婚に向かってのがんばりも楽しみ♪
    幸せに幸せにずーっと続いてほしいな[*Ü*]

  • 透明人間から送られてきたメール。オウム、医療訴訟、法律王子のゴーストなどなど様々な問題が起こる中、どう解決するんだろう?とドキドキしながら読んでいたら、今回もピースがそろいぴったりすべてがハマりました。読んでいてすっきりします。
    百瀬と亜子さんの関係はなかなか進まないけれど、二人ともすごく幸せそうな感じが伝わってきます。亜子への思いを少しずつ実感する猫弁。猫弁が少しずつ人間らしくなっていくところがいいな。

  • またまた一気読みです。
    大山先生の本はとにかく面白くて読みやすい。
    心が温かくなります。

    ドラマ化して欲しいです。

    読み終わってから上を向いてしまいました。
    前頭葉に空気を・・

  • 変わり者百瀬の周囲は、いつもほっこりと暖かくて、読んでいるうちに自分自身も純粋な人間になったかのような思いにとらわれます。

    お涙ちょうだいの感動作品ではないというのに、読んでいるうちに、あまりにも何もかもが暖かすぎて、なんだか泣きたいような、そんな気持ちにすらなりました。

    ラストも秀逸。

    そのシーンが目に浮かぶかのような、あざやかな描写です。

    ちょっと軽めのタイトルと、ラノベチックな装丁に臆することなく、ぜひとも読んで欲しいお薦めの作品です。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      1作目は文庫になったので購入、、、でも寝かせたまま、2作目も早く文庫にならないかな。。。
      「そのシーンが目に浮かぶ」
      とっても気になります!
      1作目は文庫になったので購入、、、でも寝かせたまま、2作目も早く文庫にならないかな。。。
      「そのシーンが目に浮かぶ」
      とっても気になります!
      2012/08/07
    • ごろごろ黒猫さん
      1作目はあっという間に文庫になりましたけど、2作目はどうなんでしょうかね。人気が出て来ているみたいなので、通常通りなのかな。

      ラストシーン...
      1作目はあっという間に文庫になりましたけど、2作目はどうなんでしょうかね。人気が出て来ているみたいなので、通常通りなのかな。

      ラストシーンは、そ、そんなに期待されると……(笑)
      2012/08/07
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「そ、そんなに期待されると……(笑) 」
      楽しみにしています(笑)
      「2作目はどうなんでしょうかね」
      そうですね、大山淳子が3作目をいつ書く...
      「そ、そんなに期待されると……(笑) 」
      楽しみにしています(笑)
      「2作目はどうなんでしょうかね」
      そうですね、大山淳子が3作目をいつ書くかで決まるかな?
      2012/08/08
  • 百瀬と亜子の関係が少しづつ少しづつ進んでいってほっこり、田部井耕平のその後にほっこり。

    ほっこりした気持ちになる1冊でした。

    2018.3.6 読了

  • あんなに物怖じせずにしゃべることができるのに、肝心な相手には、肝心なことが言えない。
    何も言わない透明人間のほうが、寧ろしっかり想いを伝えられている不思議です。

  • ついつい一気読み。百瀬先生が不器用ながらも真っ直ぐで素敵。

  • 読後あったかい気持ちになる。

  • 再読。
    猫弁第二弾。
    猫弁と大福のもどかしいながらもお互いを思う気持ちに胸きゅん。
    猫弁とまこと先生の,孫悟空とブルマのような関係も良し。
    事務所の面子も相変わらず温かい。
    幸せの詰まったほっこり作品。

  • あったけぇ・・・。あったけぇよ、この話。
    猫弁太郎の天才っぷりがちゃんと発揮されてて良い。
    エンゲージシューズって思い込もってますな、それ!
    渡す時は跪く形になるな!

全80件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。2006年、『三日月夜話』で城戸賞入選。
2008年、『通夜女』で函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞グランプリ。
2011年、『猫弁~死体の身代金~』にて第三回TBS・講談社ドラマ原作大賞を受賞しデビュー、TBSでドラマ化もされた。著書に「あずかりやさん」シリーズ、『赤い靴』、『通夜女』など。「猫弁」シリーズは多くの読者に愛され大ヒットを記録したものの、惜しまれつつ、2014年に第1部完結。2020年9月に第2部がスタートし、本作はその2作目である。

「2021年 『猫弁と鉄の女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大山淳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大山 淳子
夏川 草介
伊坂幸太郎
小路 幸也
有川 浩
伊坂 幸太郎
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×