別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判

著者 :
  • 講談社
2.91
  • (3)
  • (29)
  • (84)
  • (35)
  • (7)
本棚登録 : 365
感想 : 80
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062177641

作品紹介・あらすじ

殺人3件・未遂多数。北海道・別海町の名家に育った女が、男たちを次々と毒牙にかける-女と男の闇を射る佐野ノンフィクションの真骨頂。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作者のアクで実像が見えにくくなっている気がした。

    木嶋受刑者の画素数の低い顔写真を引き延ばして使用した表紙は夢に出てきそう。

  • 著者の偏見が多くて、読んでいられません。

  •  趣味の悪い本を読んだ。「睡眠薬と練炭を使った首都圏連続不審死事件は、『東電OL殺人事件』以来、久々にアドレナリンが噴出する事件だった。」(p.284)と書く著者って…正直と言うか,何というか。今までにない殺人事件に,魂が揺さぶられたらしい。お,お爺ちゃん…。
     東電OLの被害者を「大堕落した”聖女”」,木嶋佳苗を「悪魔に魂を売り渡したとしか思えない”毒婦”」と対比的に評してる。
     二部構成で,第一部は木嶋佳苗の故郷での聞き込み,第二部は裁判。 「第二部の傍聴記は、徹底的に散文精神にこだわって、裁判で明らかになった事実だけを冷静に伝えるようにした。」(p.285)と言ってるけど,ど・こ・が??って感じ。全然冷静でない,偏見に満ち満ちた,いつもの佐野節。
     冷静に書いたという「第二部 百日裁判」は初公判ののっけからこんな感じの記述が続く。 「どこにでもいそうなおばさんに不釣り合いな化粧を施した顔には、昭和の香りが濃厚に漂っていた。時代からひとり浮いたそのずれが、木嶋の異常さを一層際立たせていた。」(p.71)
    「付き合った男の死体の写真を見せられても、眉一つ動かさない。木嶋佳苗はやはりとんでもない”モンスター”だとあらためて思った。」(p.76) 「木嶋の陳述はことごとく、できそこないの”ハーレクイン・ロマンス”を読まされているようで、鼻白むほかなかった。」(p.85) こんな調子。
     いったいどこが「裁判で明らかになった事実だけを冷静に伝えるようにし」ているんだろうか? そして木嶋佳苗への嫌悪感を蜿蜒と書き連ねてきた挙句に,死刑判決に対してもネチネチ苦言を呈する。なんだこの全能感は…。判決の量刑理由の記述をつかまえて,「あまりにも感情的に過ぎる」はないだろう。
    「被告人は、当公判廷において独自の価値観を前提に不合理な弁解に終始するばかりか、各被害者を貶める発言を繰り返すなど、真摯な反省や悔悛の情は一切うかがえないことも併せ考慮すると、被告人の刑事責任は誠に重大である」という文章のどこが「感情的に過ぎる」のか意味不明。
    「こんな文章テンプレだ」というなら分かるんだけど。 あと裁判員が記者会見で,「達成感がありました」と言うのを聞いて,それに対する反感を表明しているが,その口が言うかという感じだなぁ。著者のは「達成感」ではなくて「重苦しい徒労感だけ」だったそうだが。
     佐野眞一って盗用・盗作でだいぶ批判があるらしいね。 盗用された溝口敦氏の文章→ http://t.co/FlpYhIxE 謝罪のはがきもアップされてる。

  • 「毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ」( http://bit.ly/1o2T800 )を読むために読む。

    清水氏の事件ノンフィクション(http://bit.ly/1q0QEOF)を読んだあとで、これを読むと「ええー、こんな調査でそれを言い切るのか?」と思える雑さに素人ながら苦笑。
    ただまぁ、この本は裁判と同時進行で書かれた雑誌の連載をまとめたもののようなので、裁判までに取材に動ける日数というのが極めて少なかったんだろうな、と贔屓目に見たとしても、「だから、マスコミは嫌いなんだよ」と言われそうな典型的な取材なのが笑えるし、そんな情報でそんなステレオタイプな判断していいのか?と私でも思った。
    佐野氏は女性を扱わせると最悪にヘタクソだな。(^^;)
    ただ、裁判傍聴記録のところは、先に読んだ女性が書いた記録(http://bit.ly/1oyhy5b)と取り上げるところが若干違っていて、なるほどやはり気を引かれるところは人によって違うのだな、というところだけは面白かった。

  • 木嶋佳苗のことを書いた本だったが、世の中には本当にさみしい人が多いのだと思ってしまった。そんな人たちをだます人がいてこれからの世はどうなっていくのだろうと暗い気持ちになってしまった。

  • この人が捕まった時に誰もが「どうしてこんな人に?」と思ったでしょうがなるべくしてなったんだなと言うのが素直な感想です。宮崎勤のノンフィクションを読んだ時にも思ったけど犯行に及んでるときは別人格なんだろうな。まぁただすごい女性だってことはよくわかりました。
    著者は以前東電OL殺人事件のルポも書いてたけどなんか鼻につくところがあるんだけどなんだろう?

  • 「消された一家」「女帝 小池百合子」の系譜にあたる本です。
    冒頭にも何回か出てきますが、彼女は間違いなくなんらかのパーソナリティ障害を抱えた人物でしょう。その事実を踏まえた上で、自分の周囲を見回してみると、このような人物は決して珍しくないような気がします。なんだか別の世界の話のように感じてしまいますが、落とし穴は意外と身近なところに潜んでいるのかもしれませんね。

    個人的には彼女とヤマギシ会の関係をもうちょっと掘り下げて欲しかったかな…。というのも、ヤマギシ会の理念は、彼女が犯した犯罪の価値観と非常に似通っている部分があるからです。彼女がもし本当にヤマギシ会に入っていた時期があるのだとしたら、多感な子供時代に、あのような病んだ組織から影響を受けたのだとしたら、、、そう考えると彼女の支離滅裂な犯罪歴のひとつひとつが繋がって見えるような気がするのですが、実際のところはどうなんでしょうね。

  • 図書館で。
    BUTTERを読んで、練炭犯罪の犯人もブログやったり色々してるんだ…と知り借りてみました。
    なんだか著者が犯人に対して攻撃的すぎて読み切れませんでした。なんて言うのか些細なエピソードでも先入観があると、そういう風に見えてしまうというのはあると思うんですよね。確かに何故?とは思いますし、被害にあった方の事を思うと義憤にかられる思いもわかるのですが、幼少期から悪意があっただの、サイコパスとまで書かれるほどでもないのかな、なんて自分は思いました。

    男性の方が潜在的に彼女や彼女の犯した犯罪に対する恐怖は強いんじゃないかな。自分にとって無害というかどうでもよいヤツ(不美人・太っている・無職・若くない・女性)に脅かされるのが耐えられないのかな、と思ったり。別に彼女の犯した犯罪や彼女自身を擁護する気はさらさらありませんが、ここまで取りざたされたのは、そういう男性優位という神話が覆されたことに対する怒りと恐怖があるのかな、なんて思いました。

  • 先日読んだBUTTERがすごく良かったので、ノンフィクションを読んでみた。木嶋佳苗の家族のルーツとか、裁判での答弁とか、そういった部分はたしかに面白いんだけど、結局この著者の中に流れているのは確固とした女性蔑視とルッキズムだし、こう言う人がいるから木嶋佳苗みたいな女性が出てくるのではないかな…とすら思う。「こんな感情的な判決文を書くのはあの28歳女性裁判官に違いない」っていうくだりのところ、嫌悪感バリバリで気持ち悪くなった。
    この本よりも、BUTTERの方が真実に近いのでは?という気がする。
    裁判での答弁を読めば読むほど木嶋佳苗という人がどんどん分からなくなる。本当は何がしたくて何を感じていたのか、きっと解明されることはないし、本人も分かっていなかったのかもな…

  • 表紙がモザイクかかった木嶋さんの写真で夜中に読む時ちょっと怖かった。
    別海出身なのも生い立ちも知らなかったので「へ〜」と思いながら読みつつ、筆者の容姿いじりが激しくて辟易した。わかったから何度も言うなやという感じ。昼のワイドショーと同じ取り上げ方するならワイドショー見ますから……と思ったし、木嶋さんの見た目がどうこうというのは個々の感想でありオメーの感想は聞いてねーからという気持ちにしばしばなった。インタビューさせてもらっておいて相手の悪口を書くのもどうかと思う。気分が悪かったというか、どんどん読む気が失せていった。

    騙してお金とって殺すのは言うまでもなく悪いことで、木嶋さんが悪い人であることに違いはないけれども、毒婦とか聖女とか、そんな話を読みたいんじゃなかった。でも、80のおじいちゃんと寝たのを否定するのは、事実はわからないけど、プライドが許さなかったのかなと思ってなんとも言えない気持ちになったりした。

全80件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。編集者、業界紙勤務を経てノンフィクション作家となる。1997年、民俗学者宮本常一と渋沢敬三の生涯を描いた『旅する巨人』(文藝春秋)で第28回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。2009年、『甘粕正彦乱心の曠野』(新潮社)で第31回講談社ノンフィクション賞を受賞。

「2014年 『津波と原発』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐野眞一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
高村 薫
64
横山 秀夫
大野 更紗
村上 春樹
湊 かなえ
三浦 しをん
シーナ・アイエン...
水道橋博士
朝井リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×