寿司屋の親父のひとり言

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062177795

作品紹介・あらすじ

粋な下町・深川に開店して四十二年。還暦を過ぎても、癌になっても、今日も元気に付け場に立つ。生粋の江戸っ子板前が明かす。面白くてためになる寿司の楽しみ方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "偶然に入ったお寿司屋さんが三ツ木寿司。そこの大将は、若い人なので、何代目かな?なんて思っていた。ある時、そのお寿司屋さんにおいしいお寿司を食べにいったら、本書の著者である新吉さんがいらっしゃった。面白可笑しく、いろんなことを教えてくださる。
    このお店の創業者に違いないと思ったし、お店に飾ってあった本を見つけて、早速購入した次第。
    旬なネタや寿司屋の親父の気持ちがわかって勉強にもなるし、江戸から昭和の移り変わりも興味深い。

    また、食べに行きます。"

  • 粋でいなせな江戸っ子が語る寿司の世界。
    寿司感と言ってもいいかもしれない。
    和食の世界では、はしり、旬、名残りなどというが、その季節に美味しいものを食べるのは現代では贅沢な感じもする。
    あ〜寿司が食べたい!

    2013.7.7読了

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする
×