大阪アースダイバー

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (34)
  • (48)
  • (28)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 485
レビュー : 60
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178129

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。大阪に1年程住んだことがあるので尚更よかった。

  • 写真がよかった。古いのも、新しいのも。

  • とても刺激的な読書体験。

  • おもしろかった!
    今度ミナミに行くときには、今までとはちょっと違った目で周囲の風景が見られそうだ。
    それにしても、大阪はDeepだ!

  • リアル大阪と幻視の大阪が交差して、頭の中でもやっとしていた大阪地図をダイナミックに埋めていく。

  • 大阪に商業が興隆し、アジアの拠点都市としての薫りが色濃く漂い、笑いの文化が生じたのは何故か、古の大地からの声を聴き、アースダイバーは考察する。
    チベットのモーツァルトを著した宗教学者の中沢新一は、無縁・公界・楽を著した歴史学者の甥にして後継者だと唸る好著。

    アジアとの繋がり、ヤマト政権・朝廷に敗れたものの歴史というこの本の視点の延長で次に期待するのは『博多アースダイバー』だな。

  • 東京アースダイブよりもスリリングだった。
    なぜなら大阪は差別問題をはじめ様々な問題を抱えた都市であり、コリアンとの親密な関係の上に成り立つ都市であり、
    日本というスケールに収まりきらないエネルギーを抱え持った、日本でもっとも自由で野性的な都市ということが、肌身に感じられたからだ。

  •  アースダイバーの大阪編。生駒山に死のパワーを感じることから始まり、流れ着いた海民が「都市」を形成していく歴史を幻視する。
     吉本のお笑い芸人にまで結びつく、語られる歴史は荒唐無稽ではあるが、しかし圧倒的に面白いし、その面白さが説得力を生み出す。ご丁寧に欄外に「実は嘘」的な記述があっても、それでも説得力を感じる都市論なのでした。

  • 非常に面白かった。

著者プロフィール

一九五〇年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。明治大学野生の科学研究所所長。思想家。著書に、『チベットのモーツァルト』『雪片曲線論』『森のバロック』『カイエ・ソバージュ』シリーズ『アースダイバー』シリーズ『野生の科学』ほか多数

「2019年 『レンマ学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大阪アースダイバーのその他の作品

大阪アースダイバー Kindle版 大阪アースダイバー 中沢新一

中沢新一の作品

ツイートする