世の中の見方が変わる哲学

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 50
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178150

作品紹介・あらすじ

おもしろくてためになる、人生が変わる金言の数々。もしあの哲学者が日本のニュースを斬ったら…。AKB48から橋下徹までを読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世の中のニュースを哲学の視点で見るという考えは、斬新かに思われたが、よくよく考えてみると、哲学思考で見ることで問題の本質が見えてくる。なぜ今まで気づかなかった?

  • 世の中の出来事に結び付けて哲学者の考えを簡単に紹介する本。
    中立的な立場を意識しているので割と読みやすい。
    ここから興味を持った哲学者について深く勉強するのもいいかもです。

  • 以前、超哲学用語辞典が面白かったので、読んだ一冊。

    現代の時事問題に哲学を絡めて解説している。
    哲学と世間の問題を結び付ける良い題材だと思うのだが、
    なんか読了感がいまいち。

    各哲学者を紹介しているのは良いが、
    要点をはしょりすぎてるから哲学者の思想が伝わりにくいのか。

    とにかく哲学について知りたいという欲求にはあまり答えてくれない。

  • 【今日の一冊】104||O24

    AKBや橋下徹,東日本大震災などと哲学者の組み合わせ。ニュースの本質を哲学で探る,世界初の試み。

    http://www.auelib.aichi-edu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00596015&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 20120614

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

哲学者・山口大学国際総合科学部教授。1970年生まれ。京都市出身。京都大学法学部卒業。名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。専門は公共哲学・政治哲学。商社、市役所、フリーターを経た異色の哲学者。「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。

「2021年 『日本人がよく使う何気ない言葉には、「美しい生き方のヒント」が隠されている。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川仁志の作品

ツイートする
×