砕かれざるもの

著者 :
  • 講談社
3.21
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 39
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178297

作品紹介・あらすじ

関ヶ原で敗れ、流人のまま朽ち果てる運命にあった備前宰相・宇喜多秀家とその一族。加賀百万石の取り潰しに将軍家が動き出したとき、彼らは絶海の孤島から立ち上がる。柳生十兵衛、宮本武蔵、伊藤一刀斎…そして新ヒーロー・宇喜多秀景、見参。稀代の剣豪たちが壮絶バトルロワイヤル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白かった。実在の歴史上の人物たちが登場。読者を飽きさせないストーリ展開。剣豪たちが、次々と登場。主人公の圧倒的な強さに感服してしまいます。久々に単純に楽しませてくれるエンターテイメント小説でした。

  • 荒山氏の作品はこれがお初。
    なるほど、山田風太郎系伝奇小説の後継者的な作風なんやね。
    それも、登場人物や舞台のチョイス、台詞回しに立ち回り、ジラし方やほんのりお色気設定、荒唐無稽さにおいて、かなり忠実な後継者とみた。

    ちょっと読みづらい部分もあるにはあるが、作品世界にはまってしまうと、リズムに乗ってサクサク読める感じ。

    忍者剣客系伝奇小説が読みたくなった時用にこの作家ちょっと注目しておこう

  • ただの復讐劇かと思いきや、意外とストーリーが練ってあり楽しめた。

  • ずっと朝鮮が敵役だった一連の伝奇時代小説はネタ切れか、最近ではキリシタンの謀略ものにシフトしてきている。本作では最初は柳生が敵役かと思わせ、また、筆者にしては比較的まともな話かと思いきや、黒幕としてのキリシタンが登場するやいなや、相変わらずのぶっ飛んだ展開。ただし、やや自制が働いたかどうかは分からないが、終わりはあっけない。柳生が脇役になっていると筆が鈍るか、弟はあっけなく殺したが十兵衛だけは生死不明で、これを超える適役として用意した二刀流もらしいと言えばらしい展開で遁走させてしまうのだから、あっけない。主人公が急に強くなったり奸智にたけた武将の様に戦うのも違和感が否めず、魅力に乏しいのが残念である。タイトルの意味も話に繋がらず、今一つ分からなかった。まあ、そんなことはさておき、伝奇物は楽しんだ方が良いだろう。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

荒山徹

一九六一年富山県高岡市生まれ。上智大学卒業後、新聞社に入社、出版社勤務を経て、九九年『高麗秘帖 朝鮮出兵異聞 李舜臣将軍を暗殺せよ』で作家デビュー。その歴史伝奇小説の作風から「現代の山田風太郎」と評される。『魔岩伝説』『十兵衛両断』『柳生薔薇剣』で第二四、二五、二七回吉川英治文学新人賞候補。第二回舟橋聖一文学賞を『柳生大戦争』で受賞。『白村江』で、第六回歴史時代作家クラブ賞で作品賞を受賞、「二〇一七年 週刊朝日 歴史・時代小説ベスト10」で一位、「第七回本屋が選ぶ時代小説大賞」にノミネートされた。

「2021年 『神を統べる者(三) 上宮聖徳法王誕生篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒山徹の作品

ツイートする
×