今をブレない。

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178587

作品紹介・あらすじ

努力だけじゃ、勝負に勝てない――。
ボクシング界のエース・井岡一翔が明かす、
勝つための「習慣」と「メンタル術」とは。
読めば日々の心構えが一変する、最強の一冊!

プロデビュー後、国内最速で世界チャンピオンのベルトを手にし、無敗のままWBA・WBC統一王者、2階級制覇を達成。
だが、エリートボクサーと呼ばれる栄光の裏には、オリンピック断念という壁を乗り越えた過程があった!
アマチュア時代の仲間との、知られざる感動エピソードも盛り込み、「ブレない」強さはどこから生まれるのか、成功を掴むためには何が必要なのかを綴った、井岡一翔流・心の分析ノート。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 思ったより内容薄かった。。

  • まっすぐな、彼のぶれない精神に圧巻

  • 天才ではなく努力家。身体だけじゃなく頭も心もムチャクチャ鍛えてる。アマでも何回も負けてる。それでも世界一の自分を前提としてブレない。そんな本人も、何の根拠もなく「世界一になる」と公言してた自分に驚いてる。若さも強さ。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

井岡一翔(いおか・かずと)
1989年3月24日生まれ。大阪府堺市出身。
井岡ボクシングジム所属。
12歳でグリーンツダボクシングクラブに入門し、ボクシングを始める。その後、叔父であり元世界チャンピオン・井岡弘樹が会長を務める井岡ジムに移籍。
興國高等学校在学中に、選抜大会、インターハイ、国体で優勝し、高校6冠を記録。プロ転向のため東京農業大学を中退し、2009年4月にプロデビュー。アマチュア時代の戦績は、105戦95勝10敗。
2011年2月、デビュー後わずか7戦目でWBC世界ミニマム級チャンピオンとなり、国内での最速記録を更新。2度の防衛に成功し、2012年6月には、当時WBA世界ミニマム級チャンピオンだった八重樫東と統一戦を行い、プロ戦無敗のまま統一チャンピオンとなった。
2012年12月、WBA世界ライトフライ級タイトルマッチにて6ラウンドTKO勝利。これにより2階級制覇を達成。
プロでの戦績は、11戦11勝無敗7KO(2013年4月現在)。ボクシング界の新世代エースとして、さらなる活躍が期待されている。

「2013年 『今をブレない。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×