内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

  • 講談社
3.91
  • (107)
  • (121)
  • (78)
  • (16)
  • (9)
本棚登録 : 1783
感想 : 147
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178594

作品紹介・あらすじ

ビル・ゲイツもガンジーもウォズニアックもみんな内向型人間だった!

内向型の人とは、喋るよりも他人の話を聞き、パーティで騒ぐよりも一人で読書をし、自分を誇示するよりも研究にいそしむことを好む人のことだ。アメリカ人と言えば、社交的で自己主張が激しそうなイメージがあるが、実際にはその三分の一が内気でシャイな内向型だという。これはアメリカに限ったことではない。

外向型が重視されるアメリカにおいては、内向型の存在感は薄く、出世競争でも不利になりがちだ。本書は、内向型が直面する数々の問題を浮き彫りにするとともに、あまり顧みられることのない内向型の強みと魅力を明らかにし、その個性を伸ばして生かす方法を模索する。

同時に、外向型の欠点や問題点を挙げ、外向型の人は企業のトップにふさわしいか、チームで作業するやり方は本当に効率的なのか、などの問題も議論する。現代アメリカ社会の内部分裂を浮き彫りにする衝撃のドキュメント。

全米ベストセラー

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本は「内向性の魅力と付き合い方」について伝えている。

    本書は1950-1960年代に起きた公民権運動において、マーティンルーサーキング牧師とともに立ち上がった静かな女性、ローザ・パークスの物語から始まる。皆の前に立ち、演説をし、全体を率いる所謂リーダーとは異なり、静かに抗議する彼女。だからこそ、多くの人が付いてきた。彼女の持つ魅力とは?

    その名は、内向性(or内向型)。

    「アメリカ人の1/3から2/3は内向型人間である」

    本書は、おそらくほとんどの人が驚きを隠せないこの事実に続いていく。多くの人がアメリカと言えば、社交的でオープンな人たちが多くいる国というイメージを持っているのではないか。

    では、その内向型とはなにか?

    1921年、カール・ユングによると、内向型の特徴とは

    ・自己の内部の思考や感情に惹かれる
    ・周囲で起きる出来事の意味を考える
    ・一人になることでエネルギーを回復する

    という特徴があるという。対照的に、外向型は、以下の特徴を有するという。

    ・外部の人々や活動に心惹かれる
    ・出来事に自分から飛び込んでいく
    ・十分に社旗で活動して回復する

    このように、外向型・内向型に関する研究やその変遷などが紹介される中、著者は1つの疑問を、読者に投げかけている。

    「内向型でいることは悪いことなのか?」

    現在、多くの国の教育や会社環境で、「外向型になるための教育や習慣」が実施されている。テーブルをくっつけ、グループディスカッションさせる。周りの人の顔が一望できるオープンオフィス。

    ただ、それは本当にすべての人にとっていい環境なのだろうか?

    多くの内向型の人がこれを読んで、「そうか、別に今の状況は悪いことではないのか」

    と、思える一冊。人前で話したりプレゼンしたりするのが苦手なあなたでも、素晴らしいリーダーになれることを示している本。おすすめです。

  • 久しぶりに読みたい本が図書館にあったので借りてみた。読みたいと思ってから1年以上経っているがww

    書いてあった内容で、経験上激しく同意できるのが
    ・ぶっちゃけコミュ力高いやつとか無能、口だけ
    →行動力はあるが深い考察が出来ない。優秀そうに見えるのは声デカくて意見が通りやすいから
    ・ぶっちゃけグループワークとか超無駄
    →声でかい奴の意見が通りやすいってだけで、みんなで考える意味無し。んでもって声でかい奴は得てして無能
    ・ぶっちゃけブレインストーミングとか意味ない
    →みんなまわりの顔色伺いながらアイディア出すから突飛なアイディア出ないし、一人ひとり個別に考えたほうがマシ。

    って感じで人事部涙目www現行の新卒採用システムとかくその意味もないwwwwwwwm9(^Д^)プギャーって感じの内容が結構あっておもろかった。

    *本書はここまで外向型人間を蔑んでいませんのでご安心を。

    あとは、世の中リーダーシップ(笑)、コミュニケーション能力(笑)とか言ってるけど、内向型の人間は無理やり自分を外向型に矯正しようとしないでもっと自分を活かせる環境に身を置くべし。今の環境が居心地良くないならさっさと場所変えるべし。みたいに書いてあって仕事したくなくなったwwwどうしましょうwwww

  • 久々にすごく納得できる本でした。
    内向型の人は実は敏感すぎるのだとか、「回復の時間」が必要だとか、外向型の人は会話しながら考えることが出来るとか、でも内向型/外向型と協調性とはまた違う問題とか・・・。
    ひとつひとつ、今までの疑問が解けた気がします。

    ジャンルとしては認知心理学系の話題だと思いますが、とても読みやすいです。セリグマン氏の本以来ですね、このジャンルでこんなに良い本に出会えたのは。

  • 内向型人間が自分に自信を持て、自分の素質を無理なく伸ばそうと思える本。外向型がキラキラと眩しく見えやすい環境は多いが、自分の素質に素直になり、自分の良さを認め、いかしていきたい。

  • うわ、これ登録してなかったんだ
    大学2年生くらいで読んでめっちゃ学んだし救われた
    扁桃体の反応とか科学に裏づけされた内容のおかげで客観的な違いとして考えられるようになって安心できた

  • その性質がゆえ、取り沙汰されることは珍しく、難しかった、内向型人間の思考や強みについて焦点が当てられ、それに世界中が注目してミリオンセラーとなった、異例の本だと思います。内向型として、とても共感できるエピソードばかりでしたし、読んだことで、腑に落ちたことが多くありました。

    内向型人間という、少数派の、しかし一定数確実に存在する人たちの詳細について、世の中に知れ渡ることで、内向型が生きやすくなっていくんじゃないか、その大きな一歩となる本ではないかと感じました。
    外向型と内向型、決して反りが合わないのではなく、むしろお互いがお互いを必要としているという。身に覚えしかありません。全体的に、勉強になる本でした。

  • 心理
    社会

  • 図書館
    挫折

  • ☆ブレインストーミングを集団でやっても効果がない。創造的行為はひとりでやった方がはかどる。
    ☆自分がなりたいと人生ではなく、自分で羨ましいと思う人生を目指す。
    TED The power of introverts

  • すごくよかった!
    私は自分のことを小さいときから内向型だと思っているけど、そのことをずっと恥じてきたし、嫌だなと思ってきたので、そういう人が実は人口の半分もいるんだよ、ということ、そういう人たちは自分を恥ずかしく思いやすいということ、内向的な人ならではのよいところもあるということが書かれていて、とても勇気づけられました。
    かと言って、外向的、内向的と人をステレオタイプに分けて論じる本でもなく、私は本当は内向的とも言えないのかもしれないという点にも気づかされる、自分のいる位置、自分の心地よい位置を知るために、よい本だと思います。

全147件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

プリンストン大学卒業、ハーバード大学ロースクール修了。ウォール街の弁護士を経て、ライターに転身。『ニューヨーク・タイムズ』『ウォールストリート・ジャーナル』紙、『アトランティック』誌などに寄稿するほか、企業や大学などでコミュニケーション・交渉術の講師を務める。TED2012の”The power of introverts”と題された講演は2500万回以上インターネットで視聴され、ビル・ゲイツお気に入りの講演の一つとして紹介されている。本書は1作目の著書で、すでに40言語に翻訳され、アメリカでミリオンセラーとなった。

「2020年 『内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スーザン・ケインの作品

ツイートする
×