逃走

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (13)
  • (67)
  • (111)
  • (23)
  • (0)
本棚登録 : 407
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178839

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 妹思いの真面目な青年、小沢裕輔が殺人犯として警察に追われる… 本当に裕輔が犯人なのか、犯人ならその動機は… ミステリーの要素を含んだ家族愛を描いた秀作。ラストの妹から兄に宛てた手紙を読み、感涙。『悪党』も素晴らしい作品だったが、この作品もまた素晴らしい。

    『天使のナイフ』以来、救いの無い物語を描いていた薬丸岳だが、『刑事のまなざし』から作風が変わって来たように思う。

    ネタバレになるので詳しくは書かないが、『逃走』というタイトルも良い。自分にはそういう意味かと非常に納得出来た。

  • 重い内容の本を読んだ後の、
    軽くさくさく読める息抜き的な本。

    あぁそう、あぁそう、と思いながら、さっさと読んだ。

    可もなく不可もなく。

  • 良くも悪くも今までの薬丸岳さんの作品にはない読みやすさ。
    2時間で読み終えたのなんて初めてだ。

    『逃走』というタイトルには若干語弊があるような気がする。
    その違和感をひっくるめて敢えて『逃走』というタイトルなのかもしれないけど。
    結末というか、最後に露わになる真実は荒唐無稽すぎて
    現実には絶対ありえない、というかあったら大変だぞこりゃ
    というのが正直な感想。
    真実をひた隠して美恵子を守ろうとする裕輔の気持ちは判らないでもないけど
    隠されている方が辛いこともあるんだよ、と言ってあげたい気になった。
    ポイントポイントで鍵を握る篤史だが、その割に印象が薄いのは何故だろう(爆)。
    後日談は書かれてないけど、少なくとも裕輔が戻るまでの間は
    篤史が美恵子を支える存在になってることを願う。

  • 薬丸岳さんの作品はすべて読んでいます。
    いつも、読後、考えさせられることが多いです。

  • 文庫版のあとがきで、単行本と大きく異なっているとあり、気になって何が違うのか確かめたくなり読んでみました。確かに結構設定やストーリーが違いました。通常であれば先に発行された単行本の完成度が低いがために文庫本で改訂した、と思いますが、個人的には単行本の全体的に(特に)終盤の展開、エピローグ)の方がわかりやすくて好きです。最後の美恵子からの手紙は文庫版にもあった方がよかったと思うのですが。。。手紙の内容は心打たれるものがありました。家族よりも強い絆はあるんだと。。

  • 2008年から2009年に新聞連載されたものを大幅に改稿して2012年に刊行された薬丸岳作品。
    後の『ハードラック』『誓約』と同じく、逃走サスペンスではありますが、今作、人を殴打した際に誤って殺してしまい逃走する青年、彼を心配する妹、殺された人物と顔見知りの刑事、の3人の視点で描かれるため、逃走サスペンスとも、加害者家族を描いた社会派サスペンスとも、刑事物とも読めますが、自分としては、それぞれに興味が分散してしまいました。
    流石の薬丸クオリティを保ってはいますが、薬丸岳作品の中では軽い読み応え。
    読み終わって、テレ朝・東映の刑事ドラマの中でも切ないストーリーを観終わった時のような感じもしました。

  • 初めて手に取った作家。なかなかの切ない展開ではあったけど、ミステリとして面白かった。他のも読んでみたい。
    個人的には新婚旅行で行った白浜が出てきたり、広島が出てきたりと偶然にも縁のある地名ばかりだったのてやたら親近感が湧いた。

  • 児童養護施設で育った兄妹。
    ラーメン屋の店主を殺害した兄は、ある目的を持って、警察の操作から逃げ続ける。
    隠された事実、2人の不幸な過去が徐々に明かされていく。

    読みやすく、先が気になり、一気に行きました。
    途中である程度予測がつき、その予測はほぼほぼ当たっていましたが、少しあっけない終わり方だったかな。

    それぞれの愛が深いがために起こった殺人事件。
    不幸な2人に、いつか幸せな日々が来ますように。

  • ★3.5

    早期解決を確実視された殺人事件。
    容疑者の若者は何の為に逃げ続けるのかー。
    逃げ続ける青年。追う刑事。祈る妹。想う友。それぞれの思いが交錯していくー。


    閉店後のラーメン店で、店主の秋山正一が何者かに暴行され死亡した。
    発見したのは、救急隊員…犯人が通報したのだ…。
    駆け付けた隊員に「約束を守れなくてすまない」と声を絞り、被害者は息絶えた。
    通報した若者を容疑者として始まった捜査は、現場で目撃されてた車から
    犯人はすぐに判明し、早期解決が確実視されていたはずだった。
    犯人の小沢裕輔は、妹・美恵子と幼い頃から児童養護施設で育った。
    青年になっても、施設で子供達の世話をするなどとても心の優しい青年。
    美恵子にとっては、兄であり親でもあった。
    妹思いで、正義感の強い真面目な裕輔は何故秋山を殺したのか?
    罪が重くなるとわかっていても逃げ続けるのか?
    まるで、警察にヒントを与えるかのように足跡を残して逃げている…。
    何のために?誰のために?
    徐々に明かされる二人の過去や、美恵子に知らされていなかった両親の事。
    母が父を保険金目的で殺害。
    がけ下で燃えた車の中で、焼け焦げた男性の遺体があった。
    それが明かされた時には…わかってしまったが、
    その後の展開と真実には驚かされました。

    裕輔どうして理由も聞かずに殴っちゃったの~(〃ρ∩°`)ウゥ…
    罪が重くなるにも関わらず一人残される妹のその後を思う強い愛。
    最後の妹からの手紙にも、温かな兄妹愛を感じました。
    哀しい結末だけど、希望あるラストでした。

  • 疾走感があり、設定も登場人物の心情も丁寧に描かれている。
    薬丸岳さんの哀愁漂う世界観を久しぶりに読む事が出来た。

全97件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年兵庫県生まれ。2005年に『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2016年に『Aではない君と』で第37回吉川英治文学新人賞を、2017年に短編「黄昏」で第70回日本推理作家協会賞〈短編部門〉を受賞。『友罪』『Aではない君と』『悪党』『死命』など作品が次々と映像化され、韓国で『誓約』が20万部を超えるヒットを飛ばす。他の著作に『刑事のまなざし』『その鏡は嘘をつく』『刑事の約束』『刑事の怒り』と続く「刑事・夏目信人」シリーズ、『神の子』『ガーディアン』『蒼色の大地』などがある。

「2020年 『告解』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薬丸岳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

逃走を本棚に登録しているひと

ツイートする
×