小説神変理層夢経 猫未来託宣本 猫ダンジョン荒神

著者 :
  • 講談社
2.91
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 50
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062178969

作品紹介・あらすじ

世界の片隅で猫愛を生きる幸福介護の日々を、西哲がはげまし、民俗がかばう。ドゥルーズの捕獲装置に注目した『海底八幡宮』の著者が、ぎりぎりまで追求する文学者の「内在平面」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 高齢になってしまったドーラちゃんの猫介護に追われる筆者は、今度は家内を守ってくれる「荒神様」に活路を見出した模様。昔の作品では私小説といえども一応架空のキャラクター名があった気がするのだけど、最近はすでに「笙野」なんですね。

    荒神様三種がそれぞれキャラが立っていたので予想していたより楽しく読めてしまった。飛蚊症の虫とまで対話してしまう筆者だから、今更何と脳内対話されてもさして驚かない。金毘羅設定はずっと継続中で、金毘羅に乗っ取られる前の人格まで登場。

    論争相手よりもストーカーみたいな女性読者が怖い。基本的に笙野作品は、これ1冊だけ読んでもわけがわからないと思う。数冊読んで基本設定を把握していればそれなりに面白く読める。

  • 痴呆猫と荒神様と私小説。

  • (後で書きます。語りの主体が文字通り「にに」とひっくりかえる瞬間)

  • いまさら父親の出生にまつわる新事実が発覚してしまい、荒神様は3つの姿で立ちかわり降臨し、猫のドーラは認知症で、うわーっ!

  • 笙野頼子さんの新刊、まだ読んでないけどまた猫モノやああー!またタイトルが強烈やのう。
    読みたいなあ。猫飼ってるとえぐられちゃうのかなあ。でも読みたいなあ。

  • 痴呆になった飼い猫とよろずの神様荒神様と自身の過去話を絡めた、長〜い独り言のような内容に読み疲れて途中挫折。
    エッセイでもなく小説でもなく告白本でもなく、全くよく判らなかった。

  • 笙野頼子の叫びと囁きか?

    講談社のPR
    「荒神様!荒神様!猫が死ぬのが怖くて小説が書けません。でもなんとか書きたいのです、最後の幸福を。小説神変理層夢経 猫未来託宣本
    荒神様!荒神様! 猫が死ぬのが怖くて小説が書けません!荒神様は日本中を巡行して、小さな建て売り住宅のわが家に来た。わが家では老猫が進行性の痴呆症にかかり、その看病で私は心身ともに限界だった。もしも猫が死んだら、私はどうやって生きていけばいいのか。ダンジョン――空想上の洞窟――内で荒神様と猫と私の共生が始まる。」

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1956年三重県生まれ。立命館大学法学部卒業。’81年「極楽」で群像新人文学賞受賞。選考委員の藤枝静男に絶賛される。
’91年『なにもしてない』で野間文芸新人賞、’94年『二百回忌』で三島由紀夫賞、同年「タイムスリップ・コンビナート」で芥川龍之介賞、2001年『幽界森娘異聞』で泉鏡花文学賞、’04年『水晶内制度』でセンス・オブ・ジェンダー大賞、’05年『金毘羅』で伊藤整文学賞、’14年『未闘病記―膠原病、「混合性結合組織病」の』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。
近著に『ひょうすべの国―植民人喰い条約』『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』『ウラミズモ奴隷選挙』『会いに行って 静流藤娘紀行』など。’11年から’16年まで立教大学大学院特任教授。

「2021年 『猫沼』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笙野頼子の作品

ツイートする
×