希望の獅子

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062179454

作品紹介・あらすじ

1981年、横濱。獅子として舞う3人の高校生がいた。ならず者の志龍、抜群の運動神経を持つ亮仔、度胸のある将一。彼らは中華街を縦横無尽に駆け、悪さをし、恋をした。2012年、横濱。31年間消息不明だった男が、死体となって発見された。被害者の渾名は亮仔。神奈川県警の山下は、加賀町署のベテラン刑事、樋口と組み捜査する。最後に彼を目撃したのは、獅子舞を演じる高校生だった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 外からは一括りにされる中華街にも大きな政治的対立があり、十代の少年たちさえもそれに巻き込まざるを得なかったという話だが、感覚が伴わないというのか、あまり理解できなかった。

    プロローグ
    第一章 国民党と中共一派
    第二章 一九八一、横浜、中華街
    第三章 山手の蒋介石
    第四章 外事の犬
    第五章 禁忌の恋
    第六章 三つ目の中国
    第七章 雄獅希望

  • ブグログ登録、100冊目。残念ながら面白くなかった。どこをとっても全て中途半端、もっと色々な点で掘り下げれば、面白くなったろうに・・・
    1月24日登録、10月12日に100冊読了する。八か月半でこのペースは
    まあまあか。月平均12冊弱。

  • 獅子舞に世界大会なんてあったんだね。
    普通に思い浮かべる日本の獅子舞ではなく、中華街のお祭りなんかで見かける中国の獅子舞なんだけどね。
    話の方は得意な野球分野はでてこなくて、過去と現在の2軸で丹念に描かれていて、よく出来ているとは思います。
    相変わらずのハズレなしと言えないこともありませんが、丹念に描いた代償にイマイチテンポが悪くなっているのは気になりましたね。

  • 一気に読んだのは面白かったのだろうか

  • 31年前、中華街で失踪した高校生のうちの一人が死体で発見され・・・
    高校生、警察官、黒社会の中国人と視点がコロコロ変わり、捉えどころがなく、どこに主軸があるのかわかりにくかった。

  • 野球じゃない本城雅人作品。

    まぁ靴職人の話もありましたっけ…。

    1981年と2012年の時間軸は2つ。

    中華街での恋愛・殺人事件・外事警察が絡まりあいます。

    終盤戦にドドドっと展開してきます

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1965年神奈川県生まれ。明治学院大学卒業。産経新聞社入社後、産経新聞浦和総局を経て、その後サンケイスポーツで記者として活躍。退職後、2009年、『ノーバディノウズ』が第16回松本清張賞候補となり、デビュー。同作で第1回サムライジャパン野球文学賞を受賞。2016年、『トリダシ』が第18回大藪春彦賞候補、第37回吉川英治文学新人賞候補となる。2017年、『ミッドナイト・ジャーナル』で第38回吉川英治文学新人賞を受賞する。その他の作品に、『スカウト・デイズ』『紙の城』『傍流の記者』『オールドタイムズ』『あかり野牧場』『終わりの歌が聴こえる』など。

「2021年 『時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本城雅人の作品

ツイートする
×