新本格ミステリの話をしよう

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 45
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062179461

作品紹介・あらすじ

新本格ミステリ25周年記念出版!

綾辻行人、歌野晶午、法月綸太郎、有栖川有栖、我孫子武丸、北村薫、芦辺拓、麻耶雄嵩、篠田真由美、近藤史恵、京極夏彦、西澤保彦、北川歩実、乙一、柄刀一、米澤穂信、東川篤哉、辻村深月、道尾秀介、円居挽の新本格ミステリ作家20人に加え、鮎川哲也、連城三紀彦、笠井潔、島田荘司、東野圭吾ら本格ミステリの祖5人を含めた計25人の作品を一挙解説。

また25周年記念企画として、「“新本格の長子”の証言 綾辻行人インタビュー」、「これが新本格25周年記念短篇集だ!」、「新本格を識るための100冊」などを掲載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [北村薫さん関連の記事あり]
    「北村薫 読者を待ち伏せ 《北村薫》の世界」

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ミステリ評論家。1972年、大阪府生まれ。1994年に、第一回創元推理評論賞(選考委員:笠井潔、巽昌章、法月綸太郎、戸川安宣)に応募した評論「明智小五郎の黄昏――誰が明智小五郎を殺したか?」が佳作入選、『創元推理6〈’94年秋号〉』に掲載されデビュー。ミステリ評論家として、本格ミステリの批評・書評をメインに執筆するほか、ミステリ作家へのインタビューの聞き手や構成、ミステリ系の賞の選考、ミステリアンソロジーの編者を担当するなど、多岐に渡り日本の本格ミステリシーンを支えている。著書に『謎解き名作ミステリ講座』、『新本格ミステリの話をしよう』(ともに講談社)など。

「2021年 『新本格ミステリを識るための100冊 令和のためのミステリブックガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佳多山大地の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
法月 綸太郎
麻耶 雄嵩
伊藤 計劃
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×