伏見宮─もうひとつの天皇家

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062180054

作品紹介・あらすじ

かつて「皇族」とは、いかなる存在だったのか?中世に世襲親王家として分岐し、独自の位置を占めた伏見宮系皇族。幕末の動乱、近代天皇制国家の成立後、その存在は徐々に数と重みを増し、変質してゆく…。万世一系の舞台裏、明治天皇と元勲・重臣の葛藤、大正・昭和期の宮さまたちの意外な姿と皇籍離脱までを描く。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和22年、皇族の臣籍降下によって11の宮家が消滅した。各家の名前はばらばらだが、意外なことに、すべての家が元をたどると「伏見宮」の系統につながるという。本書は、その伏見宮家の歴史を南北朝時代から昭和戦前期までたどったものだが、そこには「もうひとつの天皇家」として数々のドラマがあった。

    伏見宮家が歴史の表舞台に登場するのは、なんといっても幕末期であり、何度も名前を聞いた宮さまが華々しく登場する。今までの歴史書では脇役として描かれていた皇族の立場から幕末史を見ると、また違った風景が見えてくるのが不思議だ。

    最近、皇族の数の減少で皇統の維持が大きな問題となっているが、こうした問題はけっして新しいことではなく、実は江戸時代以前にも繰り返されている。一方で、明治以降、皇族の数は激増した。なぜなら、嗣子以外は出家するというルールの消滅、さらには死亡率が低下したという人口学的要因が生じたからである。皇族の増加は新たな財政問題を引き起こしたが、それでも新しい宮家の創設が続いたのは、明治天皇が人口学的観点から皇統の維持に危惧をいだいたためではなくか、と筆者は大胆に想像する。

    本書は、日本で初めての「皇族の歴史人口学」として読むことも可能であり、ぜひ、一読を薦めたい。

全2件中 1 - 2件を表示

浅見雅男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
小田部 雄次
有効な右矢印 無効な右矢印

伏見宮─もうひとつの天皇家はこんな本です

ツイートする