邯鄲の誓 始皇帝と戦った者たち

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062180245

作品紹介・あらすじ

紀元前3世紀、戦国時代末期の中国。秦軍が圧倒的な力で各国を侵略するなか、無敵の権力者・秦王政(始皇帝)の命を狙う少年がいた。その名は張順。滅亡した名国「韓」の宰相家の生まれ。民を救い導く宿命を負った順は、稀代の剣士・荊軻、故郷を奪われた少女・桃と出会い、志を一つにする。万に一つしか成功しないと言われる秦王暗殺に秘策などあるのか?仕損じれば死-苛烈な戦いに彼らは挑んでいく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 秦によって滅亡した韓の少年張順.荊軻を探し出し始皇帝暗殺をもくろむ.暗殺が何故失敗に終わったのか説得力のある物語だ.始皇帝暗殺の話を読むときいつも思うのだが中原1の剣の達人とその当時すでに有名人であった荊軻が刺客になってなんでばれないんだろう?

  • 琅邪シリーズの前日譚というべき、始皇帝を敵として追う狂生と桃の出会いまでのあれやこれや。琅邪シリーズより政治色歴史色が強いけど、やはり面白かったです。この後が気になるのに、まだ続きの話出てないんだよな~。亜衣由留さまは燕の後どうしちゃったんだろ?消息不明?

  • 国を滅ぼされた家臣が敵である秦の王を暗殺しようとする話。
    前半はとても面白く読めたのに、後半からは違和感の連続でした。
    そして師匠の娘の正体にもなんだかガッカリで中途半端な印象。私が描写にのめり込めなかったためでしょうか。

  • 人の宿命

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1954年、長崎県生まれ。福岡県立八幡南高等学校卒業後、陸上自衛隊勤務を経て、古書店を開業。ライフワークである邪馬台国研究を進めるうち、自身初の小説となる『琅邪の鬼』を着想。視覚障害を抱えつつも、家族の献身的な支えの中で執筆を進め、2010年、第44回メフィスト賞を受賞しデビューを果たす。現在、福岡県北九州市在住。

「2013年 『死美女の誘惑 蓮飯店あやかし事件簿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

丸山天寿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂幸太郎
伊坂 幸太郎
恩田 陸
今村 昌弘
小野 不由美
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
村上 春樹
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×