今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (22)
  • (18)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 191
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062180504

作品紹介・あらすじ

カリスマ的リーダーもエース社員も不要!のべ3万社の経営をサポートしてきた「チームづくり」のプロが語る、史上最高の成果を生み出す「成長法則」。大人気マンガをケーススタディにした、ビジネスにもスポーツにも活かせる「超画期的」組織論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふっくん

    マンガでもいいって言ってたよね?という事で、人事に異動したときに沼さんに嫁と言われたジャイアント・キリングのスピンアウトのおすすめです。

    小さな組織で大きな結果を求めるときに「考え方」の麺で参考になります。

    著者:仲山進也
    楽天株式会社楽天大学学長/慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、シャープを経て、99年に社員約20名の楽天へ。初代ECコンサルタントであり、楽天市場の最古参スタッフ。2000年に楽天市場出店者が互いに学び合える場として、「楽天大学」を設立。チームづくりや理念づくりまで幅広く支援している。04年にヴィッセル神戸の経営に参画。

    【概要・学び】

    J1で常に降格争い。零細経営・弱小チームに改革者(監督)として過去のスーパースターが返ってくる物語。

    固定観念・プライドそのようなものをすべて排除し、今いるメンバーで同格上と戦うかをチームづくり・マインドづくり・戦略づくりで書かれている社会人に人気のマンガ。ランチェスター戦略を用いて短時間かつ低コストで勝てる方法を模索する。

    風間監督が川崎フロンターレで実行してきたことが類似しているとも言われている。

    本書によると、チーム作りは4つの段階に分けられるそうです。

    フォーミング(形成期)
    ストーミング(混乱期)
    ノーミング(規範期)
    トランスフォーミング(変態期)

    ①フォーミング
    お互いを知るために、様子見の人もいる時期。慣れてきてコミュニケーションが増えると、意見が出始め、意見の衝突が起こりはじめる時期。優秀なリーダーによって、「こうすると結果が出るよ」と答えを教えると、すぐにまとまり、結果は出ます。

    ですが、リーダーによって結果を出すための答えを教えてしまうと、ずっと「フォーミング」のまま推移し、本当のチームにはならない。むしろ、メンバーの自己主張を促し、時に対立や衝突を恐れず、むしろ面白がることがリーダーには求められている。

    ②ストーミング

    個人と周囲の主張がぶつかり合うことがストーミングで一見、一番ギクシャクしてつらい時期。本書で語られていたように、様子見の人、揚げ足を取ろうとする人、結果は出てないのに「昔はよかった」という人がいたのだと思います。

    ここで重要となるのは対話と我慢。単一的な課題解決をしないことにあたります。ストーミングの時期にお互いの意見をぶつけあい、課題と正面から向き合って乗り越えるための「負け」を知る時期と書かれています。

    ③ノーミング

    ノーミングとは、チームワークが形成されていく時期です。チームのビジョンが共有されてきたので、お互いのプレースタイルを理解し、戦術の理解度も高いレベルで一致し、そして、「上手くいっていない度合い」も共有できている状態です。ストーミングの時期を乗り越えた結果、個人個人が「チームを勝たせるには何をすればよいのか」を考え始めるようになります。前例にとらわれず、選手のポジションを積極的に変え始めることも必要となります。

    ④トランスフォーミング

    チームが進化を遂げるトランスフォーミング。メンバー個人個人の能力が向上し、意識も高まり、どうやったら勝てるチームになるか、1人1人が考えて、積極的に行動が出来るところまで成熟している状態。もう、「どう勝つか」がチームで共有されているので、チームがブレることはない。

    そこに併せた補強(人材・リソース)そう判断したからこそ、に重点をおき、仕上げにかかる。早くても2年の時間を有さないと組織は完成されないと書かれています。

    【自社というより組織に置き換えて】

    マンガでサクサク読めるし、考えさせられるので是非ご一読をという感じです。自身が最良の組織を作るには、自身の役割とそれぞれの意志を融合した新しい価値観を持つことが必要で、過去から変わりきれないエースや中心人物という部分には大いに危機感を持ちました。

    それぞれが自身をどんな選手なのか把握し、どんなチームでどのように勝つかをイメージし組織の欠かせない一部として機能する。誰々よりは良いなんて事ばかり考えていたら過去よりいいチームは作れません。

    メンバーはあのときのほうが豪華だけど、一番成果を出したのは今、チームとして機能していたのは今という状態を作っていきましょう。

  • サッカー漫画『ジャイアントキリング』を題材にしたチームビルディングの本。
    長期にわたって結果を出し続けるチームをつくるための普遍的なシナリオを、4つのステージに分けて『ジャイキリ』のストーリーを交えながら解説しています。
    『ジャイキリ』が好きな人はもちろん、あまりサッカーに興味が無い人でも十分肚に落ちる内容だと思います。

    本書で紹介されているシンプルでかつ強力な公式(課題=理想-現実、判断=価値基準×インプット情報、1.1力、凸凹力 など)を頭に入れておくだけでも、十分ビジネスの実践に役立つのではないでしょうか。

  • チームがどうだとかああだとか言ってる奴はみんなこれを読め!話はそこからだ、と、いえる良書である。小さい頃から逆転ホームランによわい。今でもやっぱり魂込めてジャイアントキリングを起こしたい。

  • おもしろい!

  • サッカーではなく、野球で育った私。
    初めて、海外で観戦したオランダ、エールディビジで
    サッカーも大好きになりました。

    子供が生まれ、育てていく中で
    サッカーのチームビルディング、コーチングが
    子育てに役立つのでは?と思っていました。
    でも、それを言葉に表現することができませんでした。

    本書は、サッカー漫画「ジャイアントキリング」のストーリー、セリフから
    チームビルディングを示している本。
    ジャイアントキリングを知らない人でも、
    ジャイアントキリングを知ってる人でも、
    すーっと入っていく内容です。

    ジャイアントキリングが好きだったので、フロー状態で
    あっという間に読めました。
    自分の体質、チームをまとめるために必要な力。
    家族も一つのチームなので
    ちょっと家族の中で取り入れてみようかなと思いました。

    著者の方は、現在横浜Fマリノスのスタッフとしても活躍中。
    ぜひ一度お話してみたいなぁと思いました。
    今年のイチオシです。

  • 現在読んでるところ

  • マンガのジャイアントキリングと絡めて、グループでなく本当のチームを作るチームビルディングを行う方法を説明しています。
    マンガは裏付けがあるという解説が多いので、読んでおくと理解は高いです。すでに読んでいたので、突拍子もないことをなぜやっていたのかすっきりしました。
    それだけに、なぜこの課程を得なければチームにならないかの説明が不足していて、もうその理由は知っている前提なのだろうかと、もやもやしました。
    過程に納得していれば、どんな方法を使えばいいのかTips感覚で読めるのだろうと思います。
    自分はなぜが理解してないのでちょっと物足りないです。

  • ジャイアントキリングの達海監督の手法に習ってチームビルディングのコツを説明していく本です。

  • 分かりやすくためになる。若干ジャイキリへのこじつけもあるけど、そこはご愛嬌。素晴らしい。

  • ファシリテーションの師匠からおすすめされたジャイアント・キリングを読もうと思ったけれど、35巻もある漫画を読むのはためらって、まずは漫画1~3巻とこの本を読んでみた。漫画のストーリーと連動して、チームビルディングの大切な要素がすとんと心に響いてくる。どちらかというとフォーミング体質なような気がするので、うまくストーミングに進めるようにはどうしたらよいのか・・・。

全16件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1999年に楽天に入社。初代ECコンサルタント、楽天市場の最古参スタッフ。2007年に楽天で唯一のフェロー風性社員となる。
2016年~2017年に横浜・Fマリノスとスタッフとしてプロ契約。楽天社員や自営業などの立場で、官民さまざまなコラボレーションを実現してきたユニークな働き方は、注目を集めている。
著書:『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則』(講談社)等。

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀のその他の作品

仲山進也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
伊賀 泰代
落合博満
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀を本棚に登録しているひと

ツイートする