伏見稲荷の暗号 秦氏の謎

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062180795

作品紹介・あらすじ

秦氏はなぜ歴史の表舞台から消えたのか!?伏見稲荷大社と渡来系の秦氏に秘められた「古代史最後の謎」の解明に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 聖徳太子の探求から始まった僕の旅の終着点で、ちょうどこの書籍を読んでいた時に伺ったのが広隆寺だった。と言うのは偶然ではないのだろうと思った内容が描かれていた。僕の自宅は京都にありちょうど地域として秦氏の色が色濃いだけに、変に因縁を感じた次第である。因みに個人的には、能の金春宗主との繋がりや、やけに藤原系を避ける癖も本書により過肯定しつつある。

  • もっと日本史を勉強しておけばよかった…。面白いじゃん7世紀近辺。それにしても日本書紀、わかりやすく書いておいて欲しかったな。神話ばかりで事実がわからん。超知りたいのに。

    メロスは激怒した、くらいの平易さがほしかった。

  • 広隆寺の聖徳太子像に天皇家から衣装が贈られていると言う話は興味深い。あとは推理が難しくてよくわからない。

  • 京都の映画村は「うずまさ」にあり、そこには渡来の秦氏が聖徳太子から進呈された弥勒菩薩を本尊とする広隆寺がある。この広隆寺の聖徳太子像に歴代の天皇がその在位期間衣装を着せる習わしがあるという。また広隆寺の近くの木嶋神社には不思議な3柱鳥居が存在する。
    不思議なのはそれだけではなく、この日本の歴史、文化におおいに寄与した秦氏が何故歴史の表舞台から消えてしまったのか?
    著者の旺盛な想像力による推論はちょっと引いてしまうが、それでもとても興味深い一冊には変わりない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

歴史作家

「2021年 『邪馬台国とヤマト建国の謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

関裕二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×