幸せになれる宗教画

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062180924

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先日、ラファエッロ展で「大公の聖母」を観て、素晴らしいものだったが、これも当然「宗教画」。
    今は、日本でもこうしたヨーロッパの絵画にたくさん接することができるが、クリスチャンでない限り「宗教画」ということを強く意識して観るということは無いように思う。西洋絵画を読み解くにはキリスト教の理解や知識が必須なのだが、これがなかなかつかみにくい。私の友人でも「西洋絵画は分からないので好きになれない。日本画の方が好き」と言う人がいる。

    この本はカトリックの神父によって書かれただけあって、西洋絵画をまず「宗教画」と捉え、絵画を通して分かりやすく教義を伝えてくれている(なので、絵画自体の解説本と思うと肩すかしにあう)。キリスト教のお勉強にはぴったり。
    現代社会や人へのお説教?の箇所も多いが、これがまたユーモアを交えた心温まるもの。
    題名どおり、「幸せになれる」ための心の持ち方を教えてもらった。

    • imogenさん
      こんにちは。
      こちらの本、神父さまの書いたやわらかめの本とのことで興味しんしんです。ぜひ探してみますね。
      表紙のイエス様の吹き出し面白いです...
      こんにちは。
      こちらの本、神父さまの書いたやわらかめの本とのことで興味しんしんです。ぜひ探してみますね。
      表紙のイエス様の吹き出し面白いですね。教祖さまみたい・・・って教祖か。
      2013/05/03
    • Intermezzoさん
      いらっしゃいませ♪
      imogenさんなら、きっと楽しめると思います。
      教会でオルガンを弾いていらっしゃるので、本の内容についても馴染み深さが...
      いらっしゃいませ♪
      imogenさんなら、きっと楽しめると思います。
      教会でオルガンを弾いていらっしゃるので、本の内容についても馴染み深さがあるのではないでしょうか。

      著者の関谷神父さんが、また若々しい(実際に30代でいらっしゃるよう)語り口で、とても爽やかな印象でした。読みやすいので、あっという間に完読してしまうと思います(^^)
      2013/05/04
  • 好きな所を開いて、好きなところから読める。積読歴一ヶ月。
    宗教画に詳しくなくても、わかりやすい説明で読みやすく、今後美術館に行くのが楽しみになりそう。きっかけとして入りやすい本。

  •  キリスト教絵画を含む西洋美術の「専門家」による解説本は数あれど、一介の神父によるこれほどユニークな美術書は前代未聞である。なんせ掲載されたほとんどの宗教に吹き出しが付いているのだ。そう。まるで誰もが一度は経験したであろう教科書の落書きのノリ。

     『受胎告知』のマリアには「あら、やだ、嘘でしょ?」、『最後の晩餐』のペトロには「ゆ、許せねえ!」、『バベルの塔』には「身のほど知らずめ!」といった具合。写実的な画風と漫画のような台詞とのギャップがいい。

     イエスとアンパンマン、マリアとAKBをめぐる比喩なども、一信徒の身では畏れ多くてできそうにないが、不思議と聖書の登場人物に親しみを覚えてくる。さらに、告解の内容を話したら聖職停止だとか、ミサで使う赤ワインは好きじゃないとか、業界裏話的なぶっちゃけトークも秀逸。

     出版後、さすがに身内の「関係者」からはお叱りを受けたらしい。いや、叱られたっていい。見慣れた絵画を新たに解釈することで、隠されたキリスト教の魅力を存分に引き出したことには違いないのだから。(松ちゃん)

  • カトリックの司祭による宗教画の紹介。キリストの生涯の各場面の絵を人生の困難に遭った時に見れば癒される、という内容。カトリックの教義についてわかりやすく説明しているが、信者以外を対象としているらしく押しつけることはない。 紹介される絵のほとんどがモノクロでサイズも小さく、せっかくの説明がよく判らないのが残念。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

サレジオ修道会司祭。1969年神奈川県生まれ。明治大学、上智大学神学部、イスラエルの教皇庁立サレジオ大学クレミザン校卒業。2003年司祭叙階。2005年より「カトリック生活」編集長、2010年よりドン・ボスコ社代表を務める。

「2020年 『天の指揮者』 で使われていた紹介文から引用しています。」

関谷義樹の作品

ツイートする
×