龍安寺石庭の謎 スペース・ガーデン

著者 :
  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062181358

作品紹介・あらすじ

細川勝元が建立した龍安寺。石庭の15個の石が意味するものとは。従来の説をくつがえし、驚嘆すべき推理力で大胆な仮説を打ち立てる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 既存の事実から、今までにない論理と結論を導き出す。これが、この本の目玉である。今回の事案は、書名にもなっている『龍安寺の石庭』。詳しい知識がなくてもどんどん読み進めてしまうのは、著者の思う壺か…ぜひ、一度読んでみてください。

  • 登場人物の設定が、、、?

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1945年東京都築地生まれ。作家。その博覧強記ぶりをかわれ、故・池田満寿夫をはじめ多くの作家、政治家たちのブレーンとなっている。著書に『東洲斎写楽はもういない』『二人の天魔王』『龍安寺石庭の謎』『謎ジパング』『ゲーム』『七つの金印』『日本語千里眼』など多数。

「2020年 『二人の天魔王 信長の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

明石散人の作品

ツイートする
×