別れる力 大人の流儀3

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (33)
  • (71)
  • (133)
  • (33)
  • (23)
本棚登録 : 928
感想 : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062181532

作品紹介・あらすじ

人は別れる。そして本物の大人になる。数え切れない別れを体験してきた作家が届ける切なく優しいメッセージ。国民的ベストセラー第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「たとえ人が、バカなことをと笑ってもかまうことではない。正しいことというのは半分以上が人の目に見えないことだ。」

    「人というものはつき合ってみないとわからないことが意外に多いものだ。」

    伊集院さん、ブレがない。特に嫌いなこと。

  • 読むものを忘れて、人の机にあったのを借りて読んでみる。
    うーん、つまらない。本当につまらない。

    中身のないことを、気取った文章で書かれても、まったく心に響かない。自慢と愚痴と思い出ばかり。
    「正義っぽいのを振りかざすな」「安けりゃいいわけないだろ」って、当たり前のことを理論もなく愚痴ってるだけ。

    これは、野暮で無粋である。

    じゃあ、なぜこの本がつまらなくて、ちょっと前に読み直した伊丹十三の「女たちよ!」(http://booklog.jp/item/1/410116732X)が面白いのか?

    たとえば、スマートフォンについてだらだらと愚痴を書いてある。それで最後に
    「第一、スマートフォンを使っている姿には、風情、情緒がない」と。

    そうじゃなくて、じゃあ、風情というのはどういうものか、道具をいじるときの美しい所作とは何か、をたとえば、煙草入れを例にして説明する、それで、ね、スマートフォンにはそれがないだろ、と言われると、なるほどな、となるんだけど、そういうのがない。

    だから読んでいて得るものがない。だから面白くないんだな。

    まあこういうのが「大人」の「流儀」なら、そんなもの身につけたくはない。
    これが「国民的」ベストセラーなら非国民でいいや。

  • 追わない生き方推奨本

  • 伊集院 静。
    言いたい放題だけど、なんで好感持てるんだろ。
    この人、女性からは、もっとモテモテなんだけどね。

    週刊現代への連載随筆集だけど、「別れる」をテーマにしている回は数が少ない。
    なんで「別れる力」なのか。○○力っていう昨今のタイトルは辟易気味としても。

    鮨屋のカウンターに子供を座らせるな、との持論。
    夜の鮨屋のカウンターは男の場所だ。
    若い女のうち、素人は来るな。主婦は奥の障子の向こうにいろ。

    一方で、スペインは2時間のシエスタを今もしている、
    いくら金融支援しても救われるわけがない。
    ギリシャは社会主義政権の時に失業者をみんな公務員にして食わせた。
    こんなこと続くわけないだろ。
    日本も莫大な借金かかえて子供手当満額実行だの高速道路無料だの言ってるな。
    と過去の有り様との”別れ”を提唱する。

    伊集院さん、よく分からんが、憎めない。

    田原総一朗的にいえば、
    変わらなくてはいけない、と叫ぶのが革新だったはず。
    今や“革新勢力”とは、これまでの”ぬるま湯”を守る保守に。

    こういう感覚は、日本だけじゃないでしょうね。
    アメリカは別として。

  •  後半は直接的には別れが必ずしもテーマではないが、世の中のことに物申しているエッセイ。
    得る物はあると思う。
    古き良き時代、内でも外でも姿勢がきちんとした大人、風情、情緒から別れた現代がテーマか。

  • 「別れる」という意味を早合点していた。様々な「別れ」があって、それぞれに意味があり、大人の男としての対処があるということなのだ。すっかり離婚のことだと勘違いをしていた。悩めるオイラはこの本で頼りになる伊集院の兄貴から教えを乞うことができると張り切っていた。が、浮気というものが理解できないとあり、離婚などというものが肯定的に語られる訳がない。さすがである。
     この人をつくった父親、母親は素晴らしい。父親は父親らしく、母親は母親らしい。実にシンプル。正しいのかどうかはわからない。でも、確かに迷いがなくて言い切る力強さがある。なにが正義かなんて立場によって変わってくるものだから、せめて自分自身にとって何が正しいのかくらいは胸を張って言えるようでありたい。

  • 【いちぶん】
    談志は己を少し崩して生きた。若い時代に自己否定を一度考えたものは“崩し”を敢えてする。最初の内はただのバカにしか映らないが、歯を喰いしばってこれを続け、天運、人運に恵まれると、これが人をかたちにする。

  • 週間現代の連載を単行本化
    別れることは切なく苦しいこと、だが私たちが生きていく上で別れは避けて通れるものではない。
    別れたときには悲嘆したことが後になって自分の力になっていたことに気づくこともある。悲しいことがあっても、また人間は歩き出す。(エレファントカシマシの歌詞みたいだ)
    全部が全部、別れについて書かれているわけではないが、本人が経験した数々の別れを記す。

  • ふと手にとったのだが、そういえば私も最近別れが重なっている。
    死別よりはましでしょう。
    また会えるかなと思いながら生きていこう。

  • 人との別れについて。

    伊集院さんの文章には独特の雰囲気があります。
    いい加減なようで筋が通ってる。
    どうなるとこういう考え方ができるのかな、とその発言に魅力を感じます。

全109件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1950年山口県防府市生まれ。1972年立教大学文学部卒業。1981年短編小説「皐月」でデビュー。1991年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、1992年『受け月』で第107回直木賞、1994年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、2002年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞、2014年『ノボさん 小説正岡子規と夏目漱石』で第18回司馬遼太郎賞を受賞。2016年紫綬褒章を受章。

「2021年 『ミチクサ先生 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊集院静の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
伊集院 静
落合博満
ジャレド・ダイア...
池井戸 潤
64
横山 秀夫
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×