セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (5)
  • (40)
  • (37)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 213
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062181648

作品紹介・あらすじ

弁舌巧みで爽やか、でも天然な世襲議員とお堅いサムライ秘書が5つの難事件に挑む!謎とユーモアあふれた選挙区内限定ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 綾野剛、谷原章介のダブル主演により来春、フジテレビにて連続ドラマ化決定!

    なんて事実は全くありませんが、そんな妄想を大いに掻き立てられるユーモア・ミステリ。
    ノーマークでしたが掘り出し物でした。
    以下、妄想キャスティングを交えながらストーリーをちょっとだけ御紹介。

    雲井進(綾野剛)二十九歳。
    成人式を目前に、心酔した自由国民党の国会議員、漆原善壱(北大路欣也)の事務所に飛び込み、仕えること十年。
    善壱のそばで黙々と仕事をこなす様から「サムライ秘書」の異名を持ち、若いながらも政界で一目置かれる切れ者。
    しかし、国民のことを常に考え、いずれは党首となり、ゆくゆくは総理大臣にもなるはずであったろう善壱が急逝。
    それに伴い、息子で電力会社出身のエリート、翔太郎(谷原章介)が補欠選挙に出馬。父の政策と地盤を引き継ぎ、選挙戦は圧勝。
    甘いマスクと巧みな弁舌の漆原翔太郎議員に大きな期待が寄せられる。
    雲井は教育係も兼ねて翔太郎の第一秘書に抜擢されるが、穏やかだったのは最初だけ。
    翔太郎はとんでもないバカ息子だったのだ。

    とんでもない失言の嵐と失態の数々で、マスコミとネット住民に大人気の漆原翔太郎センセイ。
    そして事態の収拾に駆けずりまわり翻弄される雲井クンの姿が悲しくも可笑しい。
    しかもそれが高水準のミステリとして成立しているのだから面白い。

    第一話『公園』
    翔太郎センセイの地元Z県のNPO法人「緑の森の会」が陳情に訪れる。
    代表の戸部夏子(あき竹城)とその夫(酒井敏也)は、マンション建設に伴う「森山第九公園」の取り壊しに反対しているという。
    取り壊しには社会平和党の元幹部で建築家の蜂須賀信造(石橋蓮司)が絡んでいた。しかもそこには、およそ秘書には似つかわしくない四葉明日香(壇蜜)の影が。
    高潔とうたわれていた蜂須賀はただのエロ爺だったのか。

    第二話『勲章』
    事務所のひとときの平和。
    おっとりしているようだが頭の回転が速く、優秀な人材の第二秘書鶴岡小春(本仮屋ユイカ)。
    机に向かって法令集ばかり読んでいる政策秘書の一ノ瀬正男(濱田岳)。
    そしてマンガを読みふける翔太郎センセイ。
    地元Z県に多大な影響力を持つ東堂不動産の会長(芦屋小雁)の勲章受章への根回しを済ませ、雲井は一息ついていた。
    そこへ賞勲局の女帝、冴木響子(広末涼子)から一本の電話が。

    第三話『選挙』
    選挙戦のため、Z県入りした雲井。
    そこで、地元を取り仕切る私設秘書であり善壱の代から仕える事実上の筆頭秘書、宇治家さん(伊吹吾郎)と会う。
    寿司を食べながらの世間話から、話題は機密レベルⅡへ。
    このたびの選挙戦、漆原陣営にはスパイがいるという。

    第四話『取材』
    あらゆるビジネスを網羅する巨大グループ企業〈宮門〉
    その本社一室で〈宮門〉の総帥、宮門鉄子(佐々木すみ江)と対峙する雲井。
    先代、漆原善壱を長年支援してきた〈宮門〉だが、なにかとお騒がせな息子、翔太郎は一切支援するつもりはないという。
    一方、新政権に対してコメント取材を受ける翔太郎。
    その模様がネットに動画としてアップされるが波紋を呼ぶこととなる。

    第五話『辞職』


    一話完結のストーリーで、政界を舞台にしたコメディでありながら、笑いのなかに緻密に計算された仕掛けがあり、ミステリとしてはかなり楽しませてもらえた素晴らしい出来。
    事件発生後、翔太郎センセイが引っ掻き回し、雲井クンが必死になって事態の収拾に務め、それをまた翔太郎センセイが台無しにし、最後に美味しいところだけかっさらっていくという構成が、コメディとしてもミステリとしても高水準。
    レビューのなかのキャスティングはすべて妄想ですが、最終話の熱い展開までぜひ映像でも観てみたいなぁ。

    京極夏彦の『百鬼夜行シリーズ』に登場する探偵、榎木津礼二郎にも少し印象が重なる漆原翔太郎センセイ。
    はたして彼は天才なのか、それとも運がいいだけのおバカなのか。
    それは実際に読んで確かめてみてください。

    そして天祢涼センセイ、どうか続編を書いてください。

    • 円軌道の外さん

      長らくご無沙汰してます!

      あったかいコメント頂いていながら
      返事が遅くなり
      ホンマすいませんでした(≧∇≦)


      夏から...

      長らくご無沙汰してます!

      あったかいコメント頂いていながら
      返事が遅くなり
      ホンマすいませんでした(≧∇≦)


      夏から新しい仕事を任されて
      携帯を開く暇もなかったことと、
      案の定多忙から身体を壊したり、
      ずっと寄り添ってきた愛猫が亡くなったりで、

      あんなに好きだった本や小説を
      いざ開いても
      なぜかまったく読めない精神状態になっちゃったんですよね(汗)


      今はなんとか少しずつ
      リハビリに励みながら
      気持ちも上向きになりつつあります(笑)(^_^;)


      全国的に寒さも増して
      気が付けばもう
      師走ですが、
      kwosaさんはお変わりないですか?


      かろうじてでも覚えていただけてるなら(笑)
      またヨロシクお願いします!



      てか、kwosaさんお得意の妄想レビューに
      終始ニヤニヤが治まらず(笑)、
      もうそのキャスティングでしか
      読めない身体になっちゃったら
      どうしてくれるんですか!(笑)(^_^;)

      しかも詳細に考え抜かれたであろう
      脇役たちの姿までも
      容易に想像できたし(笑)


      けど、小説を読む時って、
      多かれ少なかれ
      声優や俳優の声や姿を当てはめながら
      イメージを描いたりしますよね(^O^)

      その方がすんなり
      物語に入っていけるし、
      リアリティが増すような気がするし。


      バカなのか
      天才なのかが分からない役柄と言えば
      今ノリに乗ってる堺雅人が怪演する(笑)
      ドラマ「リーガルハイ」の弁護士像が
      真っ先に浮かんできたけど、
      (コレ、今クールで一番好きなドラマです笑)


      谷原章介のおバカ演技も
      確信犯的で
      いつも上手いですもんね(笑)


      とにかく要チェックの
      ミステリーということで
      また探してみますね(^_^)v



      2013/12/12
    • kwosaさん
      うわぁ、円軌道の外さん!
      おひさしぶりです!!
      コメントありがとうございます。本当に嬉しいです。

      お元気そうでなにより(なのかな?...
      うわぁ、円軌道の外さん!
      おひさしぶりです!!
      コメントありがとうございます。本当に嬉しいです。

      お元気そうでなにより(なのかな?)

      実は僕も、ここ三ヶ月くらい本がまったく読めなくなって、それに伴いブクログもしばらく離れてしまって......
      ひさしぶりに覗いてみたら、たくさんの花丸と円軌道の外さんの温かいメッセージが。

      最近は冷え込みが厳しく、年の瀬も押し迫ってきましたが、そろそろ少しずつでもまた本を読んでいこうかと思っています(一年寝かせた夏葉社の『冬の本』あたりを皮切りに)。

      円軌道の外さん、こちらこそこれからもよろしくお願いします。


      さて、この『セシューズ・ハイ』の妄想キャスティング。
      書いた時には意識していなかったのですが、読み返してみるとかなり『リーガルハイ』とイメージがかぶっていますね。

      『リーガルハイ』おもしろいですよね。
      たしかに、あのノリで観てみたい。
      ホントにドラマ化してくれないかなぁ、とまた妄想が膨らみます。
      2013/12/13
  • 面白かった。こんな議員が本当にいたら・・発言のひとつひとつは怖いけど、彼なりの正義なんだろうな。噂になるほどの漆原翔太郎、雲井進の容姿を映像でも見てみたい。

  • 謎解きは清き一票のために!
    弁舌巧みで爽やか、でも天然(おバカ)な世襲議員とお堅いサムライ秘書が5つの難事件に挑む!
    謎とユーモアあふれた選挙区内限定ミステリー
    急逝した父のあとをうけ、国会議員になった漆原翔太郎。
    初登院早々に飛び出した問題発言や問題行動で、支持率急落、早くも次の総選挙は赤信号!?
    危機的状況に頭を痛める秘書・雲井進のもとに舞い込んだのは、マンションの建設反対運動。
    支持率アップのため翔太郎をけしかける雲井だったが、唖然とする行動に出られてしまい……?
    おバカな議員と堅物秘書の凸凹コンビが挑む、謎解きとユーモアに溢れた五つのミステリー!
    (アマゾンより引用)

    ライトミステリーってとこかな
    めっちゃ面白かった(*^ω^*)

  • 急逝した父のあとを継いで当選した、世襲議員。
    翔太郎は大バカ者か、それとも天才か!?
    コメディタッチで面白い。
    有能な公設秘書と、おバカ議員の関係が、ユーモラスで楽しい。
    テンポのいい連作ミステリ。
    翔太郎の正体が、最後までつかめないままだけど、逆にその後も読んでみたくなる。
    続編もあるよう。

  • ドタバタとしたコメディタッチのミステリー。あまり後に残らなかった。

  • なるほど、世襲ズ・ハイっちゅう意味か・・・、と、途中で気付いた(遅い?)。

    前作の「謎解き広報課」が面白かったので、即リクエスト。
    著者は、こういった政治や行政の話が得意なのかしら。今回も面白かった。
    決して主人公(である)議員さんの名前が「翔太」郎やから読もうと思ったのではないです。たぶん。

    スカッとするわけではないけれども(笑)、のらりくらりしながらもおさえるところはおさえる、ちゅうのが、古今東西デキる政治家なのかもしれへんな(笑)。

    日曜21時枠でドラマ化してほしいな!
    基本的にイケメンばっかり登場するから、ドラマにはしやすそうよ。格好良くておいしいところはオジサマが持っていくしね!

    (2015.10.24)

  • おバカなのか、できるのか、どちらかわからない世襲議員。チャラチャラしていて、スラスラ読める。はじめの法は面白かったけど、だんだんとどうでもよくなってきた。

  • 最後の伏線回収はきっと面白いんだろうけど、途中まで読んでそこまでのやり取りは特に楽しめなかったため、残念ながら途中で断念。

  • 変人の国会議員が真面目な議員秘書をワトソン役に颯爽とトラブル解決をしていくというコメディ・タッチのミステリ短篇集。キャラクタそのものはありがちだが、設定の珍しさでカバーしているという感じか。ドラマ化すると映えるのではないかな。

  • 翔太郎は天然?ってずっと思ってました。よくいる議員さんに似てるとこあるし笑
    秘書の雲井さんの真面目さ報われないなぁと思っていたら…なかなか展開面白い。政界の闇をどんどん暴いてほしい。続きも読みたい。
    あと雲井さん頑張れ❗️って言いたい。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

天祢 涼(あまね りょう)
1978年生まれの小説家。中学生のとき夏休みの自由研究で小説を執筆していた。就職活動を始めるさなかに小説を書く楽しみを自覚し、小説化を目指した。
音が「見える」探偵・音宮美夜を主人公とする長編ミステリ『キョウカンカク』で第43回メフィスト賞を受賞しデビュー。犯人の「意外な動機」がミステリファンの間で瞬く間に話題となり2011年版「読者に勧める黄金の本格ミステリー」に選出される。
以降、『闇ツキチルドレン』『空想探偵と密室メイカー』など読み応えと驚きに溢れたミステリを上梓。また『葬式組曲』は「2013本格ミステリ・ベスト10」(原書房)の第7位、第13回本格ミステリ大賞の候補作に、そして、同作に収録されている「父の葬式」は第66回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補作にも選ばれた。2013年には『綾辻行人殺人事件 主たちの館』が評判を呼ぶ。『もう教祖しかない!』が第7回日本タイトルだけ大賞の候補作に。

天祢涼の作品

セシューズ・ハイ 議員探偵・漆原翔太郎を本棚に登録しているひと

ツイートする