ぼくと数字のふしぎな世界

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 80
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062181686

作品紹介・あらすじ

『ぼくには数字が風景に見える』『天才が語る』のダニエル・タメット最新作!

グリム童話の「無限」の神秘、アイスランド人の数字の数え方、シェイクスピアとゼロとの関係、雪の結晶とシンメトリー、無限数と砂粒、円周率π(パイ)の美しさ、詩と素数を結びつけるもの……タメットが描く数字の不可思議なワンダーランド!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ぼくには数字が風景に見えるの続編。

  • 数学

  • 【選書フェア】
    資料ID:98141071
    請求記号:410.4||T
    配置場所:工枚選書フェア

  • 2014年10月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 開架図書(3階)
    請求記号: 410.4//Ta81

    【選書理由・おすすめコメント】
    グリム童話やゆきだるまなど、数字とは何が関係するのだろうと読み進めていくと、数字の世界にひきこまれ、その不思議さに飽きることなく考え続けてしまうような作品です。
    (現代政策、3年)

  • わりかしよかた

  • 数字、このいとおしき世界の全て。

    数学が嫌いな人は多い。でも、人生のあらゆるところに数学は隠れている。著者ほどじゃなくても、ひとつふたつは、世界に潜む数字の不思議に気付いたことがあるはずだ。それ以外にも、著者は新鮮な発見を伝えてくれる。そうしたら、数学がちょこっとでも好きになる。

    アイスランドの数え方とか、掛け算(九九)とか、言語との関連でいくつか、ほー、と思うものがあった。俳句と素数の関係なんて考えたこともなかった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

作家、言語学者、教師。1979年、ロンドンに生まれる。9人きょうだいのいちばん上として育つ。2004年、円周率の暗唱でヨーロッパ記録を樹立。それをきっかけに制作されたTVドキュメンタリー「ブレインマン」は40ヵ国以上で放映され、大きな話題を呼んだ。自伝 Born on a Blue Day は世界中でベストセラーとなった。日本でも『ぼくには数字が風景に見える』(講談社)として出版されて、好評を博す。その他、邦訳書には『天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界』(講談社)がある。現在は、自身のウェブサイトOptimnem で、外国語学習プログラムを展開している。パリに暮らしている。

「2014年 『ぼくと数字のふしぎな世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダニエル・タメットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダニエル・タメッ...
イアン・スチュア...
シーナ・アイエン...
トマ・ピケティ
三浦 しをん
佐々木 圭一
クリス・アンダー...
森田 真生
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×