私がいないクリスマス

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (2)
  • (9)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 72
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062181860

作品紹介・あらすじ

中島育子。独身。30歳。クリスマスイブに進行癌の手術。ぼろぼろの人生に、ある邂逅が訪れる。祖母代わりのおミツさんは、嘘ばかりついて死んだ父親の本心を教えてくれるのか?どうせつくならその嘘で、啼かない猫を啼かせよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2015年2月西宮図書館

  • クリスマスにいい思い出のない主人公。入院をきっかけに今まで知ろうとしなかった過去の出来事を回想する。
    読み終えた後に作中に出てきた色んな人の「嘘」についての真相を知る。少し不思議な家族愛の物語。表紙の色が暗い感じだけど暖かい話だった。

  • 2013年12月22日

    <Watashiga inai Christmas>
      
    装画/agoera
    装幀/谷口博俊(next door design)

  • こんなに悲しくて、こんなに切なくて、こんなに温かい嘘があるなんて。
    子どもにとってお親にとってもステキな思い出が降り積もるはずのクリスマス。
    誰を責めればいいのだろう。誰にすがればいいのだろう。
    やり場のない怒りと不満さえも包み込む優しい嘘が心にしみる。
    帯のあおり「ガキにはまだ分かるまい。これが噂のカトゲンだ!」は嘘じゃない。

  • ん~、これはちょっとビミョーw でも、好みの問題なので! 加藤元さんから、今、目が離せません!!!ww

  • 可もなく不可もなく、だなぁ。

  • ガンが見つかりクリスマスに手術をすることになった育子、30歳。祖母代わりのおミツさんが、父の秘密?を教えてくれた

  • 大学を卒業して小さなプロダクションに勤める中島育子は独身の30歳。ある年の12月23日、着替えを詰め込んだ荷物を抱えて出かけた先は、入院するための病院。

    そんな書き出しで始まる物語は、過去の思い出と行きつ戻りつしながら、育子の特殊な生育環境をふりかえりつつ年末までの一週間を描きながら進行していく。物語は時節柄、子供の頃のクリスマスの記憶へと遡っていく、、、母と離婚した後に亡くなってしまった父親は、いつもこの時期は不在がちで、一緒にクリスマスを過ごしたことがなかったこと。

    そして、出かける先で手をつなごうとしても、決して手をつないでくれなかった寂しい思い出などなど。こうした断片的な思い出話に強烈なインパクトを与えるのが、お婆ちゃん代わりの「おミツさん」の登場だ。父親の育ての親・おミツさんなくしてはこの物語は成立しない。それくらい強烈。

  • タイトル通りにクリスマスは重要ワードなんだけど
    よくある恋愛モノではありません。
    ファンタジックでミステリアスでハートウォーミングな物語。
    登場人物もひとりひとり魅力的。
    特におミツさんがいいっ!

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1973年、神奈川県生まれ。日本大学芸術学部中退。2009年、『山姫抄』で第4回小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。2012年、『泣きながら、呼んだ人』が盛岡のさわや書店が主催する「さわベス」文芸部門第一位を獲得する。著書に『嫁の遺言』『蛇の道行』など。

「2017年 『1999年の王』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤元の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×