しらべ図鑑マナペディアだまし絵の世界

  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (52ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062182065

作品紹介・あらすじ

向きを変えると違う形に見える絵、動いて見える絵、終わらない階段など……。不思議で楽しい、だまし絵の世界にようこそ!

●どっちのペンギンが大きく見える?
●絵を上下さかさにすると何になる?
●赤い線はほんとうに直線?
●何もないところに形が見える?
●かくれている文字は何?
答えはこの本の中に!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんといっても「動く錯覚」!!なぜ動いて見えるんだ(O_O)

  • 知っているものから知らないものまで、数多くのだまし絵が載っている。目の錯覚は本当に不思議で面白い。

    盲点を利用した『消える星』や、回り続ける円(最適化型フレーザー・ウィルコックス錯視タイプⅡa)が特に面白かった。

  • チビ1号、コミュニティ図書館にて

  • 色々な有名なだまし絵や錯視がカラーで紹介されている。

    知っている人には目新しいものはないけれど、名称まで載っているので楽しめる。
    ついつい図版に釘づけになる。

    でも、黒い鳥と白い鳥と昼と夜の絵。
    「ずっと見ていると、黒い鳥が白い鳥になって、背景も昼間から夜になる」。
    という解説はよく分らなかった。
    あれは、左と右で滑らかに移り変わっているだけのものだと思っていた。
    ずっと見ていると、勝手に変わっていくのかなあ…。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

自然科学系などを中心に、多くの幼児書・児童書を手がける編集制作集団。手がけた書籍に『親と子の草あそび花あそび』(文化出版局)『はじめてのくさばなあそび』(のら書店)『むしむしかくれんぼ』(講談社)『5か国語でおもてなし』(理論社)ほかがある。

「2021年 『きせつのあそび あき・ふゆ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グループ・コロンブスの作品

ツイートする
×