育爺。

  • 講談社
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062182287

作品紹介・あらすじ

壮絶な不妊治療の末に授かった愛娘。さらにはなんと双子の男児も誕生。女を口説くためのバラードは、いまや子どもをあやすための子守歌に……なんてしゃれたことを言っている場合ではない! あっちで暴れたと思いきやこっちで大泣き。老体に鞭打って!? 50歳を超えたイクメンならぬイクジイ、ダイアモンド☆ユカイの笑って泣ける子育て奮闘記。
子育ての手抜き術から将来のための教育方針、そして震災で改めて感じた家族への愛……子育てを通して知った、すべてを語り尽くします!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子育てをする男性心理と家族への思いが伝わってきて面白い。
    きっとどの男性も似たような感覚で娘や息子の心配をしているのではないだろうか。
    特に面白かったのは、まだ幼児の娘の恋愛について心悩ませている部分。

    文章としては読みやすく、ブログを読んでいる感じ。

  • グラビアページのユカイさんが格好いい。いい感じの五十歳。

    娘にはもうデレデレ。これがシャレではなくていたって本気なのがなんか清々しいような気さえする。どうせそのうち見捨てられるのにねえ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1962年、東京都出身。86年、伝説のロックバンド「レッド・ウォーリアーズ」のヴォーカルとしてデビュー。人気絶頂の中、わずか3年で解散。90年にソロデビューを果たし、96年には「レッド・ウォーリアーズ」を再結成。日本武道館に15000人を動員するなど、その伝説ぶりを見せつけた。97年、結婚。4年後の2001年に離婚。歌手として活動する一方、テレビのバラエティなどタレントとして活躍するほか、声優、ナレーター等としての活動の幅を広げている。2009年、再婚。翌年には待望の第一子、11年には双子の男児が誕生。
フィクション作品の執筆多数

「2013年 『育爺。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ダイアモンド☆ユカイの作品

ツイートする
×