天翔る

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (66)
  • (124)
  • (71)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 606
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062182591

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 凄い良かった!!
    なんか…ブラック村山が出てくる前の作品みたい。
    こ~ゆ~の好き。本当に好き。私の好きな村山ワールド。
    じっくり腰を据えて読みたい本。
    先が気になってバーっと読む系の本じゃなく、
    セリフ一つ一つ、その言葉のスピードで味わいたい本。
    人は傷を負った方が強く優しくなれるんだな…って思える。
    馬大好きの次男にオススメしよう。

  • 天に向かって走る。ただ一途に、光を求め――
    その牧場には、かけがえのない何かを喪った人たちが集まっていた。
    傷つき居場所を失った一人の少女が、馬と出会い、その才能を開花させてゆく。
    ひたむきに生きる人々の間に紡がれるたしかな絆と、命の輝きを描き出す感動の長編小説。

    看護師の貴子が出会った少女、まりもは、ある事件から学校に行けなくなってしまった。貴子は少女を牧場へと誘う。そこで待ち受けていたのは風変わりな牧場主と、乗馬耐久競技(エンデュランス)という未知の世界だった――。
    北海道の牧場を舞台に描かれる命の輝き。底知れぬ感動をよぶ、祈りと希望の物語。

  • 不登校になってしまった、まりも(12才)が、あまり知られていない馬術競技に挑戦するお話しでした。

  • ,18 1/18
    以前は恋愛ものになることが多かったように思うが、ここ最近は背景描写も良いし 人物が皆 思いやりのある人達で、暖かい気持ちにさせてくれる。

  • 泣いた!村山さんのこういう作品が大好きです。

  • それぞれに心の傷を抱えた人たちが、馬を通して、たくましく少しずつ強くなっていく。
    涙が出るけど、ファンタジーではなく、すごくすうっと入っていくとってもよいお話でした

  • 馬が出てくる小説を読みたくて。

    久々の村山さん作品。

    乗馬耐久競技(エンデュランス)に挑戦する少女と、それを支える大人たちの物語。

    馬と乗り手が互いを思いやって歩き抜く姿が、印象的。

  • まりもが地方か中央競馬のジョッキーを目指す話しかと思ったら初めて聞くエンデュランスという長距離耐久レースのテヴィスカップを目指す話しとはビックリした
    レースの話しはちょっとまとめ過ぎてるかなと思う
    最後のヤミヨノカラスとの再開は最高だった

  • 全体的に前向きな話で良かった。乗馬のレース、エンデュランスは知らなかったが少しわかった。
    2015.9.22

  • 久しぶりのホワイト村山。
    支えだった父親を亡くし、学校に行けなくなってしまったまりもが、馬やそれに関わる人達との交流で居場所を見つけ、世界最高峰のテヴィスというエンデュランス競技に挑む話。
    まりもの周りの人物がとても良く書かれていて、それに敵対する人物描写も良かった。
    読み終わるまでに時間がかかったけど、続きが読みたいと思う本だった。
    かと言って、有川浩作品のように、一晩で読みきっちゃうほどでもなく。
    たまにはこういう作品もいいな。
    村山由佳がまたこういった作風に戻ってくれることを期待。

全114件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

天翔るのその他の作品

天翔る (講談社文庫) Kindle版 天翔る (講談社文庫) 村山由佳
天翔る (講談社文庫) 文庫 天翔る (講談社文庫) 村山由佳

村山由佳の作品

ツイートする