天翔る

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (66)
  • (124)
  • (71)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 606
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062182591

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  エンデュランスという馬術競技を通して、一人の少女と周りの大人の絆、それぞれが抱える心の問題を描いた作品です。
    北海道の雄大な自然の様子、何より活き活きした馬の様子が読んでてしっかり伝わってきました。
    エンデュランスという馬術競技もこの小説で初めて知りました。
    相変わらず登場人物の心の動きを描くのがうまい。
    何か一つきっかけがあったからと言って、そう簡単に心の問題は解決しない。
    そういう書き方をしてるのもさすがですね。

    ただ、おしいなぁと思ったのは、大人の恋愛事情というのかな、心のつながりをもうちょっと描き切ってほしかったなぁと思います。
    痒いところに手が届かない終わり方でした。
    なので星は四つ。
    長編ですが、あっという間に読めた作品でした。

  • 055

  • 感動感動感動。久々にヒットだー。内容全く知らずに読んだから、てっきりいつもの恋とか愛とかだと思ってたのだけれど。勘違い。もぅね、要所要所でうるっときちゃって大変だった。読み終わっちゃったのが残念。とにかく自然に触れたくなった。

  • 最愛の父を亡くした少女。温かく身守る大人たちたエンデュランスとの出会い。この本を読んで初めてエンデュランスという馬の競技があるのを知った。最後、天にいる父に思いを馳せ、たくましく生きる少女をいつまでも応援したくなった。

  • 久しぶりに夢中になって一気に読んだ。最近の村山さんの本の中では断トツに面白かった。エンデュランスという馬の競技も初めて知ったけれど、苛酷なレースなのね。エピローグのまりもへのサプライズに私まで驚き、感激の涙を流した。

  • 競走馬への熱い思い。競馬ではなくて、エンデュランス(乗馬耐久レース)がテーマ。少女まりもの天性がよき指導者を得て花開く。
    『優駿』を思い出した。

  • 「放蕩記」や「花酔い」とは雰囲気で驚きました。

    親を亡くした少女が、エンデュランスという「馬のマラソン」と呼ばれる馬術競技に参加していく過程が描かれており、ドロドロした感じはありません。

    ラストは物足りないかな〜と感じていたところに不意打ちでビックリ!

    あといじめっ子にガツンとかましてくれたところもスッキリしました。

  • エンデュランスという競技に引き込まれる。なかなかに面白かった。

  • これが村山由佳の作品?と思ったくらい、良く描かれている。なかなか大変な競技をここまで描がけるのは、さすが。

  • まりもちゃん、志渡さん、貴子、理沙、漆原。
    サイファ、スー。
    エンデュランス競技。

    素晴らしい。

    ページを繰る手が早くなるし、
    逆にラストに向かう箇所に差し掛かると終わってしまうのが惜しくて、あいぽんを弄ったり、日記を書いてみたり。こんなのは初めて。

    自転車もなかなかのマイナー競技ではあるけれど、このエンデュランスっつーのは存在も知らなかった。
    まりもちゃんの痛みや苦しさが迫ってくるような、感覚に訴えかけて来るような文体に今、幸せを噛み締めてる。

    この登場人物さんたちの今後が知りたくなる。

全114件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

天翔るのその他の作品

天翔る (講談社文庫) Kindle版 天翔る (講談社文庫) 村山由佳
天翔る (講談社文庫) 文庫 天翔る (講談社文庫) 村山由佳

村山由佳の作品

ツイートする