清水義範のイッキによめる! 日本史人物伝 平安時代&武士の誕生編

  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062182713

作品紹介・あらすじ

清水義範が、桓武天皇、空海、平将門、平清盛、北条時宗、足利尊氏など、歴史上の人物を、小説方式で解説。
イラストは、清水義範とのコンビもおなじみ、映画化でも話題の人気漫画家、西原理恵子。インパクトのあるイラストは、子ども達にも支持されるはずです。
ユーモアたっぷりの語り口と、一度見たら忘れられないイラストのコラボレーションで、楽しく歴史を学べます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長年気になっていた清水義範氏の著作、ようやく初めて手に取った。今回は平安~室町の歴史上の人物、主に8人をピックアップし、コラムでその周辺の時代の人物もサクッと取り上げている。
    桓武天皇、空海、平将門まではなかなか気持ちが乗らず。語り手は様々だが、某事務所の某アイドルグループのパロディ設定は若干サムいと感じてしまった(ごめんなさい)。でも子供に興味を持たせるにはアリなのか。
    個人的には興味のある平清盛、源義経から俄然面白くなってくる。大河などでおなじみの人物ということもあり、脳内映像化もしやすく、わかりやすい説明の一方で今更知ることも多く、新鮮であった。
    そのままの勢いで北条時宗、後醍醐天皇、足利尊氏も一気読み。今回本書を読めてよかったと思ったのは、この後半3名の章である。歴史好きではあるが、源氏滅亡後の鎌倉~室町は自分的になじみの薄い時代。執権、六波羅探題、建武の新政、南北朝…日本史の授業で必死で覚えた単語の意味が、改めて、こういうことだったのか~と今更ながら理解できた。ようやく、それぞれの出来事の、人物たちの輪郭が、くっきりしたというか。この時代を描いた小説やドラマにも触れてみたいと思った。元寇のいきさつを詳しく知り、歴史で「たられば」を考えるのは野暮かなと思いつつも…もし台風がなく、まともに元が襲来していたらどうなったかと考えるとゾッとする。
    そして、今回の目的であった西原さんの挿絵もことごとくツボ。ふざけているようで、的を得ているところもあり。
    ユーモアたっぷりの内容で、総ルビで読み易いけど、子供はどこまでハマれるかな?でも、大人には結構楽しめると思う。かつて授業で、ざっと流れをさらっているからこそ面白いと思えるのかなと。そして、歴史上の人物の生き様にどこまで共感できるか、かな(大人だから色々わかるところもあるよね)。これに関しては、文字通り「判官びいき」の義経ラブな私です。

    • nejidonさん
      こんばんは♪
      いつも花マルを下さってありがとうございます。
      この本も面白そうですね!
      今ちょうど「平家物語」を読んでいるので、とても興...
      こんばんは♪
      いつも花マルを下さってありがとうございます。
      この本も面白そうですね!
      今ちょうど「平家物語」を読んでいるので、とても興味津々です。
      あらま、メイプルマフィンさんは義経さんがお好きなんですね。
      私はどちらかというと頼朝さん派かな。
      でもこの本を読むとそれも変わるかも(笑)
      面白そうなレビュー、ありがとうございます!

      それから、いつぞやのフラワーズの件ですが、電子書籍で買って読みました。
      ええ、入手できませんでしたので。
      もう、あまりの嘆き悲しみで、辛かったのなんの(笑)。
      2016/07/30
    • メイプルマフィンさん
      nejidonさん:コメントありがとうございます!
      そう、私は源義経が歴史上の人物で一番好きです。
      10年前から源氏ゆかりの地巡りをして...
      nejidonさん:コメントありがとうございます!
      そう、私は源義経が歴史上の人物で一番好きです。
      10年前から源氏ゆかりの地巡りをしてました。関東に住んでた時は鶴岡八幡宮、腰越。
      東北にUターンしてから、おととしようやく念願の平泉に行けました!
      色々な歴史読み物はあれど、コンパクトにかつ面白く、ってなかなか難しいと思います。
      清水氏は難なくクリアしているなと感じました。今は頭が戦国時代です( ̄▽ ̄)
      フラワーズは電子書籍で買えたのですね!よかったです♪
      私も、電子書籍もそう遠くないうちに手を出すかも。場所を取らず、色々読めるのは魅力だなと。特に、今回のフラワーズのようなときは有難いものだなと思いました。
      2016/07/30
  • 高校の時、社会は日本史を選択していたんだけど、一番不得意だったのは平安時代、そして逆に一番得意だったのは鎌倉時代、という私にとって、なんとも複雑な本。

    が、清水さん節炸裂、いろんな文体で書き分けられていて楽しい。サイバラのカットもいつもどーりw

  • イッキには読めませんでした(歴史苦手)。親子読書のため選んだ本です(総ルビだから)。空海のところがわかりやすかった。

  • 【蔵書案内・児童・平将門】坂東市の図書館:8人の人物が紹介されていて、その中に平将門が入っています。
    生誕1111年といわれる今年。将門を身近に感じる本としてはオススメの一冊です。
    この本ではアイドルがドラマで将門の役をしたときのために、という設定で将門のことをレクチャーされています。
    その会話は軽快で、気構えて勉強するのと違ってさらっと読めると思います。
    児童書なのでルビがふっていますが、これは大人にもぜひぜひオススメします。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年愛知県生まれ。愛知教育大学教育学部国語学科卒業。1981年『昭和御前試合』でデビュー。1986年『蕎麦ときしめん』が話題となり、独自のパスティーシュ文学を確立する。1988年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞。2009年、名古屋文化の神髄紹介とユーモアあふれる作風により第62回中日文化賞受賞。『永遠のジャック&ベティ』『金鯱の夢』『虚構市立不条理中学校』『朦朧戦記』等著書多数。また西原理恵子との共著として『おもしろくても理科』『どうころんでも社会科』『いやでも楽しめる算数』『はじめてわかる国語』などがある。

「2021年 『MONEY 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水義範の作品

ツイートする
×