いろは いろいろ

  • 講談社
2.77
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062182799

作品紹介・あらすじ

みずいろは どおれ?
ちゃいろは どおれ?  
きいろは どおれ?
……いろはいろいろ。
みんないろ。

お母さんといっしょに、いろとかたちのちがいをたのしく学ぶ絵本。
色も形も、それから人も、みんな違っていいんだよ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2013.05.11読了

  • みずいろはどれ、などゲーム感覚で楽しめてよいけれど、
    途中、しろやくろについては突然説明しはじめるのに違和感を感じた。
    こどもも一回読んだきりだったので、いまいちだったみたいだ。

  • 色当て絵本

    単純

  • 子どもに「色」の概念を教えるのは良いでしょう。
    でも、ラストの結果を把握できる子どもは果たして何人いるか疑問。

    ラストで奇をてらったのであろうが、そんなことをする必要があるのか。
    もっとラストが分かるようにすべきだったと思う。

  • 色々な形をした色があって、「赤はどれかな」というような文が繰り返される。
    赤、青、黄、オレンジ、紫、緑、灰色、白、黒。
    次のページではその色のパーツはなくなっている。
    そして、最後のページでは今までのパーツでカラフルな家が出来ている。

    最後に家の形になっているのは面白かった。

  • こちらも楽しみです。。。

    講談社のPR
    「「みずいろはどおれ?」「ちゃいろはどおれ?」──色も形も、それから人も、みんなちがっていいんだよ。沢木耕太郎の児童書第3弾。
    みずいろは どおれ?
    ちゃいろは どおれ?  
    きいろは どおれ?
    ……いろはいろいろ。
    みんないろ。

    お母さんといっしょに、いろとかたちのちがいをたのしく学ぶ絵本。
    色も形も、それから人も、みんな違っていいんだよ。」

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

さわきこうたろう
作家。
1947年、東京都生まれ。横浜国立大学卒業。79年『テロルの決算』で大宅壮一ノンフィクション賞、82年『一瞬の夏』で新田次郎文学賞、85年『バーボン・ストリート』で講談社エッセイ賞、93年『深夜特急第三便』でJTB紀行文学大賞、2003年それまでの作家活動に対して菊池寛賞、06年 『凍』で講談社ノンフィクション賞を受賞。近著に、短編小説集『あなたがいる場所』、エッセイ集『ポーカー・フェース』、児童書『月の少年』、絵本『わるいことがしたい!』などがある。

「2013年 『いろは いろいろ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沢木耕太郎の作品

ツイートする
×