島はぼくらと

著者 :
制作 : 五十嵐 大介 
  • 講談社
4.02
  • (468)
  • (659)
  • (330)
  • (45)
  • (5)
本棚登録 : 3768
レビュー : 591
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062183659

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『素晴らしい』の一言しかでません。
    誰が読んでも損のない作品です。
    また、好きな作家さんが出来て危険な気がします。

  • 環が思ってたよりもいっぱい出てきてうれしかったです。

    若干出来すぎた結末かなとも思いますが、また会いたいと思えるような素敵な登場人物達で、大好きな作品のひとつになりました。何度読んでも優しい気持ちになれるような、そんな気がしますね。

  • 【要旨】母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
    美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
    父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
    熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。
    四人はフェリーで本土の高校に通う。「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。故郷で知った大切なこと、すべてが詰まった書き下ろし長編。

    よかった!!久々に手放しで「よかった!!!」と思える本に出会った。
    とにかく島の4人の子どもたちが気持ちいい。
    瀬戸内海の小さな島の中で繰り広げられる彼ら4人の平凡な日常を追う中に、少しずつ織り込まれる事件と謎。
    一件繋がりのなさそうなそれらの出来事が後々少しずつ繋がっていくのも楽しい。
    「冴島っていいな!行ってみたい!」
    そう思ってしまう事こそが、この小説が成功している証なんだと思う。

  • 離島で暮らす、4人の高校生を描く。
    何度もじーんときた。
    自然に囲まれ、人のあたたかみがある、魅力的な島。
    しかしそこには、綺麗ごとではない離島の現実もある。
    物語に引き込まれ、自分が島の一員になったかのよう。
    悩みながらも、のびのびとまっすぐ育つ4人がさわやか。

  • 瀬戸内の小さな島
    Iターンと言うらしいけれど
    移住してくる人が多い
    生活の面倒も仕事の面倒も見てくれるお節介な島
    村長さんが雇った地域活性デザイナー
    人と人が繋がるには、たくさんの時間をかけて話を聴く必要がある
    それが行政の仕事なのかもしれない

  • 瀬戸内海の冴島から本土の高校にフェリーで通う男女二人ずつ4人の高校生の青春もの。4つのパートそれぞれのエピソードが全部爽やか。揉め事やら、しょうがない人間性やらも描かれてるんだけど、直前の「死神の浮力」であまりにどんよりしたせいか、全体的に読んでいて心地よかった。

  • まっすぐな青春小説。
    かつ、大人の事情もちゃんと盛り込んだ筋も通った展開。一人一人、丁寧に描かれていて、うまい。島の高校生4人も、わけへだてなく、きっちり寄り添って表現されている。
    この作家さん、人の切ない願いを甘すぎず、でも優しく紡ぎ上げるのがものすごくうまい。読んでよかった、と素直に喜んでしまう。

  • 4人の少年たちを取り巻く大人たちが素敵だ。こんな大人でありたい。こんな親になりたい。

  • 2014.5.10読了
    2016.2.24再読

    母子手帳の話、兄弟の話、胸があったかくなる話でした。
    島を去るヨシノが蕗子に一緒に沖縄についてきて(友達になってよ)って言う場面はすごくいい。

  • とてもほんわかして心暖まる話。途中すげえ感動してしまい涙が溢れてしょうがなかった。特に親子の話とか ^_^
    是非映像化して欲しいものです。

全591件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

島はぼくらとのその他の作品

辻村深月の作品

ツイートする