島はぼくらと

著者 :
制作 : 五十嵐 大介 
  • 講談社
4.02
  • (467)
  • (657)
  • (329)
  • (45)
  • (5)
本棚登録 : 3759
レビュー : 589
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062183659

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手に取ったきっかけは、最近書店でこの本が文庫化されているのを見て気になり図書館に新書版があったので。瀬戸内海にある小さな島に住む4人の男女の高校生の関係と周りの人々の触れ合いを中心とした作品。コミュニティー・デザイナーという職業が有る事も始めて知ったし、小さな島の社会的な現実、現状という物を良く取材して書いてあるなという印象を受けた。話もさわやかでいい読後感が残る。欲を言えば最後衣花と朱里のその後はあったが新や原樹、蕗子のその後が書いてあればなと思う。また時間をおいて読みたくなる良作と言えるかもしれない。

  • 辻村深月さんの、さわやか青春もの。女同士の苦しい関係がテーマの作品しか読んだことがなかったので、新鮮だった。窮屈だったり面倒だったりする島での人間関係も描かれるけど、それ以上に、幸せで暖かい人間関係に、泣いた。

  • 瀬戸内海の離島に住む4人の高校生の話。周りの大人も丁寧に描かれている。読みやすくて心温まる作品。

  • 小さな島を舞台にした懐が深い物語。10代はもちろん、どの年代の方にもおすすめ。
    高校生の青春群像といっても恋バナはごく少なめで(そのさじ加減が絶妙なんだけど…)、彼らのまなざしは島で暮らす老若男女に向けられています。
    メダリストの話、「兄弟」の話、母子手帳の話、幻の脚本の話、そして将来の話。繰り返し読みたくなるような心に響くエピソードが満載でした。
    衣花が就いた意外な職業に、そうきたかっ! でも納得だなぁ。

  • 島に住む4人の高校生の物語。
    新、衣花、源樹、朱莉。
    表紙の4人を見ると、読むとき想像しやすかった。
    少し恋愛要素入ってるところがツボだった♡♡
    ラストに大人になった様子がほんのすこーしだけ入ってたのが嬉しいけど、恋愛のところの様子もきになる。笑

  • とても読後感の良い作品です。

    子どもたちの友情や絆をつなごうとする姿だけでなく、大人同士の絆も描かれていて、
    感動しました。

  • 少し消化不良で終わってしまったかな。新と衣花、源樹と朱理がどうなったのか気になって仕方ない。島という小さな場所での人間関係や人との繋がり、風習がとても窮屈に見えてとても良い感じだった。

  • この本おもしろい!

    いつか、登場人物の数が作家としての技量に比例していると読んだことがあり、この本を読んでまさにそうだなと実感した。

    瀬戸内の小さな島で暮らす4人の同級生。
    同じ高校に通う2対2の男女。
    当然それぞれ性格も違うのだが、しっかり個性が立っているのに自然な人物像。まったく凄いとしか言い様がない。

    また、島で暮らす一人一人が「その他」ではなく、それぞれの生活、それぞれの役割を持ち、本の中で活き活きと物語を紡ぐ。

    読み始めの頃、「医者がいない」という設定は無理があるのではと思っていたが、後半で素晴らしい広がりを見せる。

    辻村深月ファンには、スロウハイツに出てくる懐かしのあのキャラの登場も嬉しいサプライズだ。

    自信を持って勧められる一冊。

  • 表紙を見ながら、この子が源樹かなぁ、この子は朱里かなぁとイメージを補完しながら読みました。
    Iターン者を積極的に受け入れ成功している冴島。冴島から本土の高校へフェリーで通学している4人の同級生を中心に物語が展開していきます。有名作家の幻の脚本を探しに島にやってきた怪しげな人物や、元オリンピック選手母娘、“地域活性デザイナー”のヨシノ、一見閉鎖的に思える島のコミュニティーですが、彼らとの距離の取り方に試行錯誤の末の慣れを感じました。
    素直で純朴な朱里と新(あらた)。Iターンの子、源樹と網元の娘の衣花(きぬか)は、大人の事情を汲み取った物の見方をします。網元の娘であるが故に島を出ることを許されない衣花、大学等へ進学を考えている他の三人。いずれ迎える別れや、島の様々な大人の事情、それらを目の当たりにし、自分達の未来を考える四人に清々しい気持ちになりました。
    “大人の事情”の一つ、村長さんについて。作中で衣花達に「大人げない」と酷評されていましたが、人間はいろいろな側面を持ち、ある人にとっては素晴らしい人物であったり、別な人にとってはとんでもない悪人に思われたり、立場によって見え方が異なります。そして、本当の悪人も完全無欠な善人もいないのではないかと思います。そういうところも辻村さんは上手く表現しています。

  •  それりゃあ、そんなに都合良く、色々な関係が生まれるとは思えないけど。
     それでも、勇気付けられる。この小説の世界。

全589件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

辻村深月(つじむら みづき)
1980年山梨県生まれ。千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞などをそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第6回ブクログ大賞、第15回本屋大賞などを受賞し、2019年6月からコミック化される。他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。2020年、河瀬直美監督により『朝が来る』が映画化される。

島はぼくらとのその他の作品

辻村深月の作品

ツイートする