11月のおはなし どんぐりカプセル (おはなし12か月)

  • 講談社
3.86
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062184953

作品紹介・あらすじ

どんぐりには秘密があるのです。それは・・・・・・。

小学生のふうちゃんとあきちゃんは大のなかよし。なにをするのも、いつもいっしょでした。ところが、あきちゃんがひっこしをすることになって、ふうちゃんはかなしい
気持ちでいっぱいです。
そんなとき、大きな屋敷にすむおじいさんといっしょに、ふたりはどんぐりひろいをすることになります。おじいちゃんからもらったどんぐりからはふしぎな音がします。
その音とともに、ふうちゃんとあきちゃんの思い出がよみがえってきて・・・・・・・。

野間児童文芸賞受賞作家の市川宣子さんがおくる、読むと、こころがじんわりあたたかくなる秋のおはなしです。挿絵は、絵本「まいごのどんぐり」で大人気の松成真理子さんです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どんぐりの中にはいっているものがとてもステキです。

  • じき離ればなれになる女の子ふたりが、どんぐりの木の主であるおじいちゃんに出会って、どんぐりの秘密に触れる。
    どんぐりは思い出の音たちや風景を記憶し、いつまでも忘れない、すてきなカプセルだった。

    やさしい友情物。秋にぴったりでした。

  •  なかよしのふうちゃんとあきちゃん。あきちゃんがひっこすことになる。2人でひろったどんぐり。ころがすとしゃららんと音が…。

  • ★★★★☆
    どんぐりのシャララって音が、思い出を呼び覚ます。
    さみしくなるかなって予想を裏切り、明日はもっと楽しくなるよね!と感じて終われました。
    (まっきー)

全4件中 1 - 4件を表示

市川宣子の作品

ツイートする