その鏡は嘘をつく

著者 : 薬丸岳
  • 講談社 (2013年12月11日発売)
3.34
  • (15)
  • (77)
  • (125)
  • (22)
  • (2)
  • 464人登録
  • 101レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062185202

作品紹介

エリート医師が、鏡に囲まれた部屋で自殺した。その後、医学部受験を控えた一人の青年が失踪した。正義感に溢れる検事・志藤清正は、現場の状況から他殺の可能性を見破り、独自に捜査を進める。その頃、東池袋所の刑事・夏目信人は池袋の町を歩き、小さな手がかりを見つめていた。二転三転する証言のなかで、検事と刑事の推理が交錯する。乱歩賞作家・薬丸岳が描く、極上の感動長編!

その鏡は嘘をつくの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 登場人物が多くて、ごちゃごちゃになりつつも
    ページをめくる手が止まらず。

    感想はといえば、切ない。
    その一言に尽きる感じ。

    夏目刑事、実写化されるなら 小日向文世が良い。

  • 【図書館】夏目シリーズ2冊目。またもや泣かされてしまった…。幹夫がどこで何をしていたのかわかった時にポロポロ。真実はつらい内容だったけど、夏目さんは相変わらずその後の幹夫を気にかけてるところがいいです。

  • 【要旨】エリート医師が、鏡に囲まれた部屋で自殺した。その後、医学部受験を控えた一人の青年が失踪した。正義感に溢れる検事・志藤清正は、現場の状況から他殺の可能性を見破り、独自に捜査を進める。
    その頃、東池袋所の刑事・夏目信人は池袋の町を歩き、小さな手がかりを見つめていた。二転三転する証言のなかで、検事と刑事の推理が交錯する。

    最後まで事件の真相は予測できなかった。非常に面白い!!
    失踪した幹夫、心配するいとこの沙紀ちゃん、容疑者となった予備校講師の峰岸先生。夏目刑事に志藤検事、どれもが良いキャラで感情移入しやすい。
    薬丸岳さんはこのところハズレなしなので、次も期待したい!!
    お薦め!!!

  • 人の心は複雑だ。
    本当のことなんてわからない。
    自分の気持ちでさえ、コロコロと変わるのに。
    厳しい人生を通り抜けてきた人なら、相手の苦しみも多少は理解しやすいのか?
    うまく相手に伝えられていないだけで、実はしっかり心配されているものなのかもね。

  • 10月-2。4.0点。
    夏目刑事第二弾。鏡に囲まれた部屋で、外科医の自殺。
    検事が疑問を持ち、また夏目も。ラストは結構感動。
    このシリーズは面白い。次作も期待。

  • 「刑事のまなざし」続編とは知らずに読んでしまった。

    心理描写,動機がイマイチだし
    そもそも須賀のやっていたことがありえなさすぎる。

  • シリーズ物だと知らずに読んだからか、前半部分の登場人物の多さ、切り替えに馴染めず、ごちゃごちゃして分かりづらかった。
    何だか都合よく物事が進んでいくし、誰にも感情移入できず、動機も不順。

  • 夏目シリーズ。
    ううむ…こんなふうに医者になってるのかと思うと、辛い。

  • 図書館で借りた本。シリーズ物とは知らず読了。鏡ばりの加工されたアパートの一室で首吊り遺体が発見された。死んだのはエリート外科医。その医師は少し前に電車の中で痴漢容疑を受けていたのだが…という内容から自殺と疑われたものの他殺に変更して捜査していく検事と刑事達。動物の件は引っかかるものがあったが、実力無しの無能が裏口で医師になったら患者としては恐ろしさ満載になるもんだ。他の道を探させない代々続く開業医の家に産まれてしまった勉強ができない子の悲劇だな。

  • シリーズものであることを知らずに読んでしまった、、、。
    少し趣きが違うように感じるが、先が見えそうで見えないミステリー。

    2013年 講談社

全101件中 1 - 10件を表示

その鏡は嘘をつくのその他の作品

薬丸岳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

その鏡は嘘をつくを本棚に登録しているひと

ツイートする