佐治敬三と開高健 最強のふたり

著者 :
  • 講談社
3.99
  • (24)
  • (38)
  • (16)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 299
感想 : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062186124

作品紹介・あらすじ

真の経営者とはなにか。真の小説家とはなにか。そしてほんとうの友情とはなにか――300万人の命が失われ、焦土と化した日本が奇跡の復興へとむかう、高度成長期、やんちゃな経営者と作家が友情で結ばれ、たぐいまれなタッグを組んで、次々とヒットを飛ばす。サントリーがまだ寿屋と呼ばれていた時代、貧困のどん底から開高健を拾い上げ、活躍の場を与えたのが、世界一のウイスキーをつくった男・佐治敬三であった。開高はコピーライターとしての才能を花開かせ、在職中に芥川賞を受賞する。開高は佐治を必要としたが、佐治もまた開高を必要とした。やがて二人は経営者と社員という枠を越えた友情で結ばれていく。佐治が身を置いていたビジネスの世界は経営者が生命をかけた戦いの場だが、なかでも昭和三十六年(一九六一)のビール事業進出、ビールの巨人三社(キリン、サッポロ、アサヒ)による寡占(かせん)に無謀な挑戦は、まさに「ビール戦争」と言っていいものであった。経営者の姿を自分に重ねあわせ、作家・開高も戦場に向かう。アメリカが正義を旗印に介入した「ベトナム戦争」の渦中に身を投じる――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この #ブクログ 書評を書いている私、#文野巡 の小説『#宇宙と深海の交響曲 (#そらとうみのシンフォニー )』の登場人物である女子高生 #豆井戸美麗 と男子高校生の #内鵜仁 がなにやら会話しています。
     
     
    美麗「この #開高健 って名前はなんとなく聞いたことあるけど、 #佐治敬三 ってのはまったく聞いたことないわね。誰なのかしら?」
     
    仁「開高健は芥川賞作家、佐治敬三は #サントリー の創業者だ。日本人ならそれくらい知ってるだろ?」
     
    美麗「わあ、さすが仁、あったまいい。なんでも知ってるのね。で、2人はどんな関係なの?」
     
    仁「実は #芥川賞 作家の開高健が、当時サントリーの宣伝部にいて、PR誌『 #洋酒天国 』を作ってたんだ。後の大作家が宣伝部隊にいたんだ。そりゃあ、会社も大きくなるよな」
     
     
    そんなわけで、サントリーを巨大企業に育てた2人の偉大な人物像を追った本作品。
     
    読み物としても十分に楽しめる作品です。
     
     
    私、文野巡の小説『宇宙と深海の交響曲 (そらとうみのシンフォニー )』はこちらからぜひ読んでみてください
    (^_-)-☆
    https://estar.jp/_novel_view?w=25162792

    #本 #読書 #歴史
    #エブリスタ

  • 開高健のベトナム戦争取材の時の、ベトコンの話が強烈に印象に残っている。

  • ●本の概要・感想
     サントリーのウイスキーを世界に知らしめた男、佐治敬三。サントリーの勤務中、芥川賞を受賞した作家、開高健。二人の一生とその交友についてまとめた作品。偉人の二人の生涯は読み物として大変おもしろい。話の構成もも工夫されている。本の序盤は敬三がビール事業に挑戦するところから始まる。一度は会社として大敗した戦に再び挑む、激動の時期である。そのように、時系列の構築の仕方が巧みであり、作家の手腕が伺える。二人のおもろくて最強の大阪のおっさんを知ることができてよかった。

    ●本の面白かった点、学びになった点

    *今や飲料メーカー最大の企業となっているサントリーが、もとはキリンやアサヒよりも小さい企業であったこと
    ・2020年現在、飲料水の国内売上ナンバーワンのメーカーはサントリーである。そこにアサヒ、キリンと続く。昔はサントリーがアサヒとキリンを追いかける形だった
    ・戦後で全てがリセットされた影響もあるだろうが、チャレンジ精神で元々の巨匠を追い越しているのはすごい

    *日本ウイスキーをマッサンとサントリー創業者が作った。そのウイスキーを世界レベルまで広めたのが佐治敬三

    *開高健という人の生き方
    ・学生結婚。もがきながら妻のアテを頼ってサントリーに入社。自分で考えたおもろいことを続々とやる
    ・会社員として働きながら執筆活動を続けて、芥川賞を受賞するまでに
    ・生きるとはどういうことか、人とはどういう存在か、その問いを追い続けた。ベトナム戦争に取材に行き、その後も世界各地を回った
    ・常におもしろおかしくしゃべる

    *佐治敬三「やってみなはれ」の精神

    *北康利氏が佐治敬三について本を書こうとしている過程で、自然と開高健と合わせた本にしたくなったこと
    ・元から、変わったプロットの本だと思っていた。偉人の生い立ちや人生をまとめた本は少なくないが、コンビで書かれている本は少ないはずだ
    ・あとがきによると、まず作者は「佐治敬三」について書こうと思ったのだという。佐治敬三について語るには、自然と開高健について語る必要ができてきた

    *ただ売るということではなく、文化の水準を上げるという志の高さ
    ・サントリーの広告やウイスキーはただの嗜好品ではなく、日本人の志向性や行動習慣を変えるちょっとした礎のようにもなった
    ・個人的にはお酒は飲まないが「文化を変える」という志は、BtoC事業を行う企業には必要だろうな

    ●読んだきっかけ
    オーディオブックのセール 

  • 繝薙?繝ォ謌ヲ莠峨?りシ昴¢繧矩裸縲ゆス先イサ縺ィ縺?≧蟋薙r邯吶>縺?隰弱?るウ・莠穂ソ。豐サ驛弱?∝ッソ螻九?∬オ、邇峨?繝シ繝医Ρ繧、繝ウ縲よッ阪け繝九?∝?蜷牙、ェ驛弱?∝ヲサ螂ス蟄舌?豁サ縲る幕鬮伜▼縺ィ迚ァ鄒雁ュ舌?ょッソ螻句ョ」莨晞Κ縲り冠蟾晁ウ樔ス懷ョカ髢矩ォ伜▼縲∫峩譛ィ雉樔ス懷ョカ螻ア蜿」迸ウ縲ょ鴻蜀?え繧、繧ケ繧ュ繝シ謌ヲ莠峨?ゅ?主、上?髣??上?螂ウ縺ョ繝「繝?Ν縲∽ス舌??惠蜊?ク悶?ゅし繝ウ繝医Μ繝シ繝帙?繝ォ縲ゅが繝シ繝ォ繝峨す繝ァ繝?け縲る幕鬮伜▼縺ョ譌ゥ縺吶℃繧区勦蟷エ縺ィ豁サ縲る幕鬮伜▼縺ィ縺?≧蜊願コォ繧貞、ア縺」縺滓噴荳峨?諞疲ざ縲よ怙蠕後?螟ァ譌ヲ驍」菴先イサ謨ャ荳峨?

  • サントリー二代目社長・佐治敬三氏と、同社社員であり芥川賞作家である開高健氏との物語。

    戦後から高度経済成長期の熱気が、「浪速商人」たる二人の活き活きとした姿から、浮かび上がるかのような描写で、非常に勢いよくどんどん読み進めることが出来ました。

    史実を単純にトレースするだけでなく、要所要所に筆者の思いや考えも吐露されるのですが、私にはよく的を射ているように思え、それもまた本書を魅力的にしているように思えます。

    同様に、他文献からの引用も要所要所で素晴らしく思えました。

    他文献からの引用ですが(つまり北氏ご本人の言ではないですが)、如何にも印象的だった一節が以下。

    「佐治や開高は広告の技術で酒を売っていたのでなく、客を壁際に押し付けても金をふんだくってやるという気迫で、ウイスキーを日本全国に普及させて射たのではないか。」

    「みんなが『狂』の時代でした。何かに取り憑かれるように仕事をしていた。だが、誰かに怒られるから仕事をしようというのでなく、さりとてやれねばならないと目を釣り上げたわけでもない。周りの『狂』の気分に同化してしまっていていつの間にか働いていたんだ」

    また機を見て読み返すことになりそうです。

  • 北康利氏に触れ、氏の作品に開高健についての作品がある事を知る。
    開高健と大阪に思い入れの強い身としては、開高健の著作にまつわる謎が、克明に解明されており、興奮する内容であった。
    また、佐治敬三氏やサントリーが大阪に貢献してきた姿に大変感銘を受けた。自分が少年時代に感じていた昭和後期の大阪の活気は、高度経済成長に後押しされた自然発生ではなく、佐治氏らの熱意と行動が創ったものだったとは。
    グローバルという言葉に、日本や関西地域の活性化をなんとなく混ぜ込んで誤魔化していないか?自分とその周辺に問い直し、行動することが必要だと認識させられた。

  • サントリー社史の部分と佐治敬三と開高健の関係についての記述は興味深い内容だったが、開高健の生い立ちや女性関係の部分は正直どうでもよかった。

  • オーディオブックで聴いた。本書はサントリー二代目社長佐治敬三と作家開高健との友情の物語でもある。また、鳥井信治郎から始まるサントリーの歴史や日本におけるウイスキーやビールの歴史を書いたものとも言える。登場する人物も豪華で、小林一三、松下幸之助やSBI社長の北尾吉孝の父親なども登場してくる。書いたのは、西郷隆盛や白洲二郎などのノンフィクション作品を世に送り出してきた北康利。面白くないはずがない。

  • サントリーの歴史がわかった。

  • タイトルのお二人のエピソードだけでなく、鳥井信治郎が寿屋を立ち上げた頃の話から、松下幸之助、小林一三との交流、竹鶴政孝との関係など、興味深い内容でした。

    丁寧な取材に基づいたエピソードで、お二人の人柄が伝わってきます。
    世の中をあっと言わせたいという意気込み、自由さ、奔放さ、人間臭さ。
    おおらかな時代も感じました。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

昭和35年(1960)12月24日生まれ。
著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞受賞)(講談社) 、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)、『胆斗の人 太田垣士郎 黒四(クロヨン)で龍になった男』(文藝春秋)、『思い邪なし 京セラ創業者稲盛和夫』(毎日新聞出版)『乃公出でずんば 渋沢栄一伝』(KADOKAWA)などがある。

「2022年 『本多静六 若者よ、人生に投資せよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北康利の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード P....
ベン・ホロウィッ...
ウォルター・アイ...
池井戸 潤
リンダ グラット...
佐々木 圭一
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×