島耕作のアジア立志伝

  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062186209

作品紹介・あらすじ

連載30周年を超えた漫画「島耕作」シリーズ(週刊「モーニング」連載中)とNHKのコラボレーション企画として2013年5月1日より放送が始まった『島耕作のアジア立志伝』。国内外で大きな反響を呼び、特に海外からの問い合わせが殺到。関連シンポジウムの開催、番組の海外放送が決まるなど、その輪は広がる一方です。
「アニメ×ドキュメンタリー」という今までになかった斬新な手法と、アジアの人々から「日本が初めて、本気でアジアに学ぼうとしている」と評される徹底した取材、充実した内容は、空前絶後。本書は、「もっと詳しく知りたい」という視聴者のニーズに応えるべく、番組では入りきらなかった貴重な情報を加えて番組を書籍化したものです。
 ビジネスマンからアジア経済、アジアのビジネスの動向に関心の高い一般層まで、アジアの急成長の秘密をリアルな実感と共に体感でき、とりわけ、これから「アジアの時代」に生きる若者にとっては、「就活」の必読書になります。日本企業に就職し、アジアで働くのはもちろんのこと、今やテレビで登場したカリスマたちの企業に就職することも具体的な選択肢になりえます。
 新時代に新しい生き方を実現しようとするすべての人の心に火をつけるタイムリーな一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【アジアから学ぶをコンセプトにした、アジア立志伝】
    出てくる経営者のことを誰も知らなかった点に自分自身、欧米の方向を見ているんだなと痛感させられた。知らないじゃ済まされない、アジアの経営者の底力。タイ、中国、モンゴル、UAEなどの国の一流経営者たちが、困難と戦い、圧倒的なハードワークで世界を切り開いてきたことかわわかる。

    日本もやられる。圧倒的な勢いを感じる。成長の秘密は、かつて日本も敗戦なら這い上がってきたときのような、困難に立ち向かう意志の強さなのかもしれない。一人一人が目の前の仕事を自分ごととして捉えたとき、圧倒的なスピードで世界は変わる。

    本書に出てきたアジアの経営者たちを忘れない。

  • アジアで大成功を収めた企業家たちの話です。 立ちふさがる壁を破る企業家たちのバイタリティあふれるサクセスストーリーは 興奮させられるものがあります。 困難な状況でも信念を曲げず突き進む姿に勇気をもらえます。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

NHKエグセクティブ・プロデューサー。1983年、NHK入局。NHKスペシャル「シリーズ 世紀を越えて」「シリーズ アジア古都物語」「“グーグル革命”の衝撃」「松田聖子 女性の時代の物語」など代表番組は多数。

「2014年 『島耕作のアジア立志伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

NHK取材班の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
村田 沙耶香
西 加奈子
池井戸 潤
又吉 直樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする