グリード 下

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (114)
  • (135)
  • (67)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 697
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062186513

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グリード上卷の続き。上巻では展開が少なく辛抱の話展開であったが、
    下巻で鷲津政彦が活躍する。
    ひとの心を掴むМ&Aのやり方は心がすく。
    エジソンが創業したAD社を敢えて自分が表に出ず資金提供し会社を支える。そして、上場を廃止させ企業再生させ再上場を目指し上場した際の
    株を取得して利益を得る。筋の通った企業再生だ。

  • 面白いのは間違いないが、最後は失速?

    最後はどうなるのかと夢中で貪り読みましたが、チョットお上品にまとまり過ぎてて残念。

    アメリカをコテンパンにして欲しかったかな。

    そうは言っても、途中まではかなりの興奮度だったので★4つ。

    ハゲタカファンは是非!

  • すべてを理解したわけではないけれど
    勉強になった。

  • アメリカについて、自分の仕事について見直すいいきっかけになりました。物事の本質を忘れてはならないなと、、、

  • 読み終えるのが惜しくてダラダラと読んでしまった。ハゲタカシリーズはホンマに素晴らしい作品やと改めて思う。

    上巻と比較するとスピード感が乏しくなったけど、それでも心理面や駆け引き具合が見事に書かれていて面白いの一言。

    リーマーショックとは何だったのか?
    米国の言うGreedとは?
    良い作品でした。

  • リーマンショックに題材をとっているが、GEをモデルにした会社の買収という話を絡めたあたりからプロットとしては迷走し始める。

  • ストーリーの疾走感が半端なかった。最後の最後まで、結末が読めずに、想像の上を行くフィナーレ。ゴールデンイーグルの真髄が存分に味わえる極上の一冊かと

  • 金融業界にいた身としてはリーマンショック時の実際の金融機関を彷彿とさせる描写がたくさんあった。
    しかし、ハゲタカなどは映像で見るとテンポが良く面白いが、同じ経済小説の分類である、黒木亮のトップレフトの方が金融機関のテクニカルな業務面の描写が詳細であり、より面白い気がする。

  • 面白かったな〜。

    もうシリーズ4作目になるのに飽きない。

    サブプライムローンによるリーマンショックを題材に鷲津が活躍する。
    周りの人のキャラクターも定着してきて鷲津本人が登場しない場面も面白く読める様になってきてるから、これが「人気シリーズ」ってことなんだなって思う。

    次作の楽しみ。
    映像化もぜひ!

  • 読了。
    やはりスケールのある小説を読むのは刺激になる。
    改めてリーマンショックについて勉強してみよう。

全90件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

真山仁の作品

ツイートする