忠臣蔵まで 「喧嘩」から見た日本人

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062186742

作品紹介・あらすじ

野口武彦氏にはすでに『忠臣蔵─赤穂事件・史実の肉声』(ちくま新書、現在はちくま学芸文庫)という傑作があります。そこでは事件の発端から終結まで、後世の潤色を取り去り、史料の叢から元禄の人間ドラマをよみがえらせました。
 しかし、それだけでいいのか。ここから著者の新たな追跡がはじまります。
 「後世の潤色」にはいろいろありますが、その最たるものは武士道というイデオロギーによるものです。忠義のベールに覆い隠された事件の本質はなんであり、それを取り去ったあとに残るものはなにか……。
 それは自力救済と復讐の論理であり、武士という存在のどうしようもない暴力性です。ガルシア=マルケスのひそみに倣えば、「忠臣蔵」とは「元禄の予告された殺人の記録」なのです。
 本書は時代をさかのぼり、主に戦国期の武士を貫く行動原理がどのようなものであり(野蛮であり、傾奇者であります)、太平の時代になり、権力にとっていかに危険なものとなったかを明らかにします。そして、じつに赤穂事件こそが復讐の論理を忠義の論理に切り替える(すり替える)という、じつにアクロバティックな思想的転換であったことを示します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本人が喧嘩による自力救済から法治社会へと変貌したのはどういう背景だったのか、関心があり手に取ってみました。
    途上国で自力救済、つまり喧嘩による血みどろの暴力が支配する秩序から、どう法治社会へと変わりうるのか、、日本の過去を辿ることで考えてみたいと思ったからです。

    要するに、公正な裁きの保障がなされていることと、その実効を担保する力が存在すること、ということが述べられていました。

    暴力に支配される、血みどろの世界から社会がどう変わることができるのか、少しヒントになった気がします。

    著者の独特の言い回しや、時折くだけた表現がマニアックな世界を身近に感じさせてくれ、私は一気に読むことができました。

  • 生々しい人間の歴史を垣間見た…という感じがする。歴史上の人物も事件も、そのとき生々しく生きていた人々の一部だったんだよな、とすごく腑に落ちたような。ものすごく有名な赤穂事件ですが、その時代背景がすごく分かって面白かった。
    当時の文献資料も豊富で楽しい。ただ、古文書を読み慣れない私には、部分的に読み下しが不十分なところがあって分かりにくかったのが残念。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

野口武彦(のぐち・たけひこ)
1937年東京生まれ。文芸評論家。早稲田大学文学部卒業。東京大学大学院博士課程中退。神戸大学文学部教授を退官後、著述に専念する。日本文学・日本思想史専攻。1973年、『谷崎潤一郎論』(中央公論社)で亀井勝一郎賞、1980年、『江戸の歴史家─歴史という名の毒』(ちくま学芸文庫)でサントリー学芸賞受賞。1986年、『「源氏物語」を江戸から読む』(講談社学術文庫)で芸術選奨文部大臣賞、1992年、『江戸の兵学思想』(中公文庫)で和辻哲郎文化賞、2003年、『幕末気分』(講談社文庫)で読売文学賞を受賞。著書多数。最近の作品に『慶喜のカリスマ』『忠臣蔵まで』『花の忠臣蔵』『元禄六花撰』(講談社)、『幕末明治 不平士族ものがたり』(草思社)などがある。


「2019年 『元禄五芒星』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野口武彦の作品

ツイートする
×