きょうの料理 七十二候

制作 : 小山 薫堂 
  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062186865

作品紹介・あらすじ

1957年(昭和32年)より57年間、「お茶の間の味」をリードしてきたNHKの看板番組にして日本一の長寿番組を、いまもっともスマートなクリエイタ―、小山薫堂がリ・プロデュース!
10000品以上に及ぶこれまでの番組紹介料理から、小山薫堂が一年間365日の「その日のメニュー」を厳選し紹介。
なかでも、日本古来の季節の移り変わりを愛でる「七十二候」を具現化した72品を再現し、それぞれのメニューにちなんだそうそうたるシェフたちの逸話や、番組紹介時の世相、食卓風景を移り変わりを盛り込んだ、日本の全家庭必携の「現代版歳時記」!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本屋でバラ読みして楽しそうだった

  • 七十二候という季節の分類を知らなかった。
    日本人独特の四季の楽しみ方、それの料理バージョン。

    「NHKきょうの料理」という、
    大御所が出自。

    忙しい日々、ふと立ち止まりたいときに
    手に取りたい一冊。
    自分は小山薫堂さん監修という文字に
    惹かれて読みました。

  • NHKきょうの料理57年分から小山薫堂が抜粋した七十二候(二十四節気をさらに約5日ずつにわけた)ごとのレシピ集。旬の食材がとっても美味しそう。レシピは分量がなくざっくりだけれど、その時期ごとの献立の参考になりそう。旬のものを食卓にっていいですよね~。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「旬のものを食卓に」
      季節感がなくなってるからこそ、意識して取り入れたいですね。
      「旬のものを食卓に」
      季節感がなくなってるからこそ、意識して取り入れたいですね。
      2014/05/09
  • 二十四節気をさらに三つに分けたのが七十二候で、今の時期なら立春の初侯が「東風解凍」、次侯が「黄鶯睍睆」、末侯が「魚上氷」となる。それらの解説と、暦と食のコラムが興味深く面白い。歴代の「きょうの料理」のメニューが365日ぶん当てはめられているけど、そっちはちょっと飛ばし読み。日本人の美意識の原点って、季節を大切にする心から来てるように思った。

    小山薫堂監修となっていますが、ゴーストライターさん達が頑張ったんだろうなあwww

  • きょうの料理の歴史と時候のうん蓄。これからは何年もかけて、「今日の日」のページを捲り、その速度で読みすすめたい。

  • 季節感が失われていく、今日この頃だから、必要なのかも。。。

    講談社のPR
    「1957年(昭和32年)より57年間、「お茶の間の味」をリードしてきたNHKの看板番組にして日本一の長寿番組を、いまもっともスマートなクリエイタ―、小山薫堂がリ・プロデュース!
    10000品以上に及ぶこれまでの番組紹介料理から、小山薫堂が一年間365日の「その日のメニュー」を厳選し紹介。
    なかでも、日本古来の季節の移り変わりを愛でる「七十二候」を具現化した72品を再現し、それぞれのメニューにちなんだそうそうたるシェフたちの逸話や、番組紹介時の世相、食卓風景を移り変わりを盛り込んだ、日本の全家庭必携の「現代版歳時記」!! 」

  • ためになり俳句日記の参考になる。

  • レシピ本かと思ったら違いました(^^ゞ
    七十二節気に合わせた番組の料理紹介という趣かな。
    レシピとしては分量表記もなくベテラン向きですね。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
飛田 和緒
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする