神さまからのお福分け 海老蔵 縁起物図鑑

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062187367

作品紹介・あらすじ

初代團十郎から始まって、それぞれの時代の中で神々しいまでの力を身につけた先祖たちの在り方を追及するのが、市川家のスピリットだと、市川海老蔵は語っています。
今年2月、最高のメンターにして父、12代目市川團十郎を失った彼は、「日記」を公開することを決意しました。4月、アメブロに初お目見えして以来、圧倒的な人気を誇る、その日記をもとに、市川家の宿命と向き合い続けるために、自分を鼓舞し、鍛え、そして癒していく姿勢と習慣を一冊の本にまとめました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 勝手に、老舗の和菓子のおいしいのとか、
    どこかの何かのおいしいものとか、
    出てくるような気がしたんだけど。
    ブログ本だった。。。

  • 市川海老蔵のブログから縁起物のエッセンスだけを抜き出し、一冊にまとめました。
    父親・市川団十郎を慕い、歌舞伎を愛する海老蔵。自由に軽く書いたブログが、メディアで報じられる彼のイメージと違って、親しみと尊敬の念を抱ける存在に感じられるようになりました。

  • 毎日Blogを拝見しているのでですが、はじめられたころの記事はもう忘れてますね。
    改めて読んで思い出しました(笑)

    この方のパワーはどこから?と思うくらい動の方です。
    一時もじっとしていない(笑)
    なにより感心してしまうのは、努力家であり、有言実行の方であり、様々なことにとても敏感です。

    Blogに寄せられるコメントにも丁寧に答えてくれてますし、アイデアに即反応して実行しますし。

    さらに素晴らしいことは常に感謝の気持ちをもっておられること。

    息子とさほど変わらない年齢ですが、見習うべきところがたくさんあります。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

十二世市川團十郎の長男として生まれる。1983年歌舞伎座『源氏物語』の“春宮”で初お目見得。1985年歌舞伎座『外郎売』の“貴甘坊”を勤め七代目市川新之助を名乗り初舞台。2004年歌舞伎座にて市川海老蔵を襲名。日本の伝統芸能を次世代に伝えるべく、自主公演にも力を入れている。また国外では、パリ国立シャイヨー宮劇場にて十一代目市川海老蔵襲名披露公演を果たし、近年ではシンガポール、アラブ首長国連邦, ニューヨーク・カーネギーホールにて出演する。

「2021年 『すぐそばにある。 働きすぎのパパのおはなし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

市川海老蔵の作品

ツイートする
×