丁寧に暮らすために。 my favorites A to Z

著者 :
  • 講談社
3.09
  • (3)
  • (3)
  • (10)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 57
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062187374

作品紹介・あらすじ

気持ちの良いスタイル、お気に入りの手料理、ご自慢の手土産、行きつけの店、休暇の過ごし方から、ひそかに集めるコレクションまで……。
大の読書家でもある女優・鈴木京香が、自分にとっての「好き」を集めて、
ユニークな視点で綴り、写真に収めた人・コト・モノ辞典。
女優生活25年に記した初エッセイ。知られざる鈴木京香の毎日がこの1冊に!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鈴木京香の声がとても好きなので、あの声で話していると思いながら読むと、とても心穏やかな気持ちになる。美しい日本語をあやつる人だなあ。
    『魅力的な唇になるために、優しい言葉を話しなさい』という詩は事実なんだろう。

  • め、迷走しすぎじゃなかとですか、わたし…。

    鈴木京香さんみたいな大人に憧れます。

    わたしもアートが好きで、あの草間彌生さんの初期の作品、美術館で動けなくなったかと思うほど眺めた記憶があります。なんと京香さん所蔵してるとは…。

    他にも、マレーネ・ディートリッヒに関する件とか、何かと共感できることが多かった。


    ならばこの差は一体何なんでしょ?
    わたしにゃできない、素敵な暮らし。

  • いつのかなーと思ったらごく最近のなんだね!!
    なんか意外でした
    大事に暮らしたいと思うし!欲を捨てたいとも思う
    東北に愛着を感じられてよい

  • 育ちの良さがわかる一冊。

  • A~Zで始まるキーワードを挙げ、それにまつわる短文を書き綴るスタイルのふんわりしたエッセイ。
    ある意味イメージ通りなので新鮮味はないけれど、上質な物に囲まれて暮らしている様子が見て取れて心地いい。

  • AtoZで連想した単語について
    気の向くまま自由に軽やかに
    でも丁寧に語られたエッセイというか散文。
    読みやすいけどちとあっさりしすぎ。

    【図書館・初読・4/14読了】

  • 優しい言葉で書かれた本

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1968年宮城県仙台市うまれ。大学在学中に女優デビューを果たす。「君の名は」(91)のNHK朝の連続テレビ小説主演をはじめ、「王様のレストラン」(95)、「華麗なる一族」(07),「セカンドバージン」(10),「夜行観覧車」(13)などのドラマのほか、映画「ラヂオの時間」(97)、「39 刑法三十九条」(99)、「血と骨」(04)、「沈まぬ太陽」(09)、舞台「たいこどんどん」(11)など、数多くの作品に出演、幅広い役を演じる。日本アカデミー賞優秀主演女優賞(第21回、28回)、第45回キネマ旬報主演女優賞など、受賞も多数。
女優生活25年を迎えた2013年は、本書による自身初のエッセイ集刊行のほか、11月公開の映画「清洲会議」、12月には三谷幸喜演出、ジャン・コクトー作「声」において初の一人舞台に取り組むなど、ますます意欲的に活動中。

「2013年 『丁寧に暮らすために。 my favorites A to Z』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木京香の作品

ツイートする
×