「死」を前に書く、ということ 「生」の日ばかり

著者 :
  • 講談社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062188036

作品紹介・あらすじ

日々の暮らしの中で「生」の現実とのかかわりを通じて、人間存在の内奥を探り、ただ純粋に考えてきた言葉で綴られた、ライフワーク長編エッセイ。本書のタイトルにある『「生」の日ばかり』とは、「生」の器を傾けて、日に一滴、二滴の、生の雫を汲むことからつけたもの。日々の探求を綴ったノートのタイトルでもある。2010年10月31日から2013年2月15日の絶筆までを収録。巻末に富岡幸一郎氏による解説を付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

  • 「死を悟ると見えてくるものが違ってくる」と言うが、私は未だその境地に達していないのでなかなか難解なところもあるが、ところどころ「そうだなぁ」と同調出来るところがあるのは単純に歳のせいだろうか?

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。文芸評論家。60年に評論「小林秀雄」で第3回群像新人文学賞受賞。90年に『人生の検証』で第1回伊藤整賞を、96年に『信長』で第49野間文芸賞と第50回毎日出版文化賞を、2003年に『神経と夢想 私の「罪と罰」』で和辻哲郎文化賞を受賞。著書『舗石の思想』『知られざる炎』『内部の人間の犯罪』(ともに講談社文芸文庫)、『歩行者の夢想』(學藝書林)、『内的な理由』(構想社)、『信長 秀吉 家康』(廣済堂出版)、『信長と日本人』(飛鳥新社)、『忠臣蔵』(新潮社)ほか。

「2014年 『「死」を前に書く、ということ 「生」の日ばかり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山駿の作品

「死」を前に書く、ということ 「生」の日ばかりを本棚に登録しているひと

ツイートする
×